マラソン

マラソン谷本観月(天満屋)の経歴wikiや中学高校は?MGCの結果や最高記録自己ベストは?

岡山県岡山市に本社を置く百貨店の天満屋。

これまでオリンピックの女子マラソンにに4人の選手を送り出した名門実業団として有名です。そして2019年9月15日の”MGC”では天満屋所属の前田穂南(まえだ ほなみ)選手が独走して優勝。

来年の東京オリンピック女子マラソン代表に内定しました。

3位にも天満屋所属の小原怜(おはら れい)選手が入り代表に有力となっています。

天満屋のマラソン選手はこの2人の実力者が実績もあり有名でしたが、もう1人今後有望な選手として谷本観月選手もいました。

彼女も”MGC”出場の資格を得ていたのですが世界陸上のマラソン代表に選ばれ、こちらに出場することになりました。

あわせて読みたい
白石黄良々さんの画像
白石黄良々(世界陸上短距離)の経歴wikiや両親がつけた名前の由来は?出身高校や大学も!今回調べたのは、世界陸上が目前と迫ってきている中、注目されている短距離選手をご紹介したいと思います。 その方の名前は、白石きららさ...
あわせて読みたい
山岸宏貴(世界陸上マラソン)の経歴wikiや出身中学高校は?箱根駅伝の成績や結婚しているのか調査!2016年3月1日、GMOインターネットが4月1日にGMOアスリーツを創部することを発表しました。世界に通用するNo.1を目指すスポーツ...
あわせて読みたい
二岡康平の顔画像
二岡康平(世界陸上マラソン)経歴wikiやツイッターは?イケメンで結婚している?2019年9月15日に開催された東京オリンピックマラソン日本代表決定戦”MGC”は大激戦の末、富士通所属の中村匠吾選手が優勝しオリンピッ...
あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)の日程やスケジュールは?日本代表の選手やリレーメンバーと速報や結果も!まもなく始まる世界陸上。世界陸上競技選手権大会は2019年9月27日から10月6日までカタール・ドーハで開催される予定です! 開催...

Sponsored Links







谷本観月さん(天満屋)の経歴は?

 

谷本観月(たにもと みずき)選手は1994年12月18日生まれで、岡山県倉敷市出身です。小学校時代から地元のランニングクラブに所属して陸上をしていました。小学6年生の時に全国小学生クロカンリレー5区で区間3位となった実績があります。

小学校は倉敷市立琴浦南小学校、中学は倉敷市立琴浦中学校と地元の学校に通っていました。高校は広島県広島市西区にある私立鈴峯女子(すずがみねじょし)高校に進学します。中学高校と陸上を続けていたのですが、谷本選手は特に目立った競技成績を残していません。学校も陸上の強豪校ではないので全国高校駅伝の出場もありませんでした。

彼女はそれでもこつこつと努力を続けていたようで高校3年時には県大会で優勝をするなどし、中国大会にも出場しています。ちなみに鈴峯女子高校は広島修道大学附属鈴峯女子高等学校に改称を経て、2019年4月からは広島修道大学ひろしま協創高等学校と改称して男女共学化になりました。

谷本選手の学生時代の実績だと難しいはずなのですが、うまくスカウトの目に留まったのか地元の名門実業団である天満屋陸上競技部に入ります。

天満屋の武冨豊(たけとみ ゆたか)監督の指導のもとに力をつけて、入社1年目からクイーンズ駅伝に出場しています。また都道府県対抗駅伝にも選ばれるようになっていきました。

彼女の駅伝実績はこのようになります。
クイーンズ駅伝
2013年クイーンズ駅伝 2区08位 12分41秒 天満屋03位
2014年クイーンズ駅伝 2区07位 12分35秒 天満屋16位
2015年プリンセス駅伝 6区08位 22分11秒 天満屋04位
2016年クイーンズ駅伝 2区04位 12分13秒 天満屋06位
2017年クイーンズ駅伝 1区09位 22分19秒 天満屋06位
2018年クイーンズ駅伝 1区07位 22分26秒 天満屋02位

全国女子駅伝
2015年都道府県対抗駅伝 9区25位 33分45秒 岡山18位
2017年都道府県対抗駅伝 4区10位 13分24秒 岡山02位
2018年都道府県対抗駅伝 4区05位 13分06秒 岡山04位
2019年都道府県対抗駅伝 1区13位 19分47秒 岡山10位

天満屋で順調とは言えないながらも陸上競技を続け、ようやく初マラソンを走ったのが2018年名古屋ウィメンズマラソンで、2時間35分58秒の21位でした。2回目のマラソンはその年の北海道マラソンでした。谷本選手はなんと12kmを過ぎた辺りでペースメーカーの前に出ます。そしてそのまま一時独走体制に入りました。

しかし33km過ぎで抜かれ最終順位は3位となってしまいます。タイムは2時間31分34秒で新人賞に選ばれています。このレースは見ていないので詳しくは分かりませんが作戦だったのか調子次第でペースを上げる指示が出ていたのか、どちらにせよマラソンでのこの積極的な姿勢は近年ではまず見られない光景です。

 

そして”MGC”出場権をかけた最後のレース。2019年の名古屋ウィメンズマラソンに出場します。しかしこのレースで谷本選手は途中で転倒してしまいます。そこから建て直し上位に進出。自己記録を大幅に更新する2時間25分28秒を出し日本人5位となり見事に”MGC”の切符を獲得しました。

 

Sponsored Links







谷本観月さんの最高自己ベストは?

これまでの谷本選手の自己ベストですが、
3000m 9分18秒33
5000m 15分46秒40
10000m 32分18秒44
ハーフマラソン 1時間11分02秒
マラソン    2時間25分28秒

となっておりマラソン以外では特に注目するような記録を出していないですね。

今回は”MGC”がありましたのでトラックにも強い選手は男子も世界陸上には出場していない選考になりました。しかしマラソンのタイムは悪くないですので谷本選手の努力でつかんだ代表なのは間違いないです。

9月22日の羽田空港での出国前の取材で「今は楽しみと緊張が半分ずつ。入賞目指して頑張る」と話しています。また”MGC”の結果でチームメートの前田穂南選手が優勝し、小原怜選手も3着。「チームにも自分にもいい刺激になった」と後に続く構えを見せています。

谷本選手は身長153cm、体重42kgと小柄ですが前述の通りとんでもない積極性やアクシデントにもめげない強いメンタルを持っています。オリンピック出場はかなり難しいですがエリートと呼ばれないような経歴でも努力でこの晴れ舞台にたどり着きました。本番では”MGC”に出場した同僚にも負けないような力強い走りで上位に入賞を目指してほしいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。