マラソン

二岡康平(世界陸上マラソン)経歴wikiやツイッターは?イケメンで結婚している?

二岡康平の顔画像

2019年9月15日に開催された東京オリンピックマラソン日本代表決定戦”MGC”は大激戦の末、富士通所属の中村匠吾選手が優勝しオリンピック代表となりました。2年に渡ってこのレースの出場資格を得るため多くの選手が挑んできましたが、”MGC”出場資格を持ちながらあえて辞退した選手もいるのです。その1人が世界陸上マラソン代表となった二岡康平選手です。

 

あわせて読みたい
山岸宏貴(世界陸上マラソン)の経歴wikiや出身中学高校は?箱根駅伝の成績や結婚しているのか調査!2016年3月1日、GMOインターネットが4月1日にGMOアスリーツを創部することを発表しました。世界に通用するNo.1を目指すスポーツ...
あわせて読みたい
野田明宏(世界陸上競歩)の経歴やツイッターは?成績や出身中学高校も調査!これから始まる世界陸上、その中で注目をしたい選手がたくさんいるかと思います。好きな競技はありますか?トラック競技とフィールド競技があり、...
あわせて読みたい
池田向希(世界陸上競歩)の経歴プロフィールや出身学校は?今回調べたのは、世界陸上を目前としている中で注目されている選手の池田向希さんについて経歴など調べてみました。 いよいよ始まる大会に...
あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)出場の標準記録やリレーメンバーは?日本代表の注目選手を調査!2019年の世界陸上はカタール・ドーハ で9月27日(金)から10月6日(日)まで開催されます。 ちょうどこの時期は日本でも大きな...
あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)の日程やスケジュールは?日本代表の選手やリレーメンバーと速報や結果も!まもなく始まる世界陸上。世界陸上競技選手権大会は2019年9月27日から10月6日までカタール・ドーハで開催される予定です! 開催...

Sponsored Links







世界陸上マラソンの二岡康平さんの経歴は ?

二岡康平の顔画像

出典 http://nyarunuko.com/archives/1523

二岡康平(ふたおか こうへい)選手は1994年2月5日生まれ。

鳥取県伯耆町(ほうきちょう)出身です。伯耆町立岸本中学校で陸上を本格的に始めます。ちなみにこの中学はタレントのイモトアヤコさんの出身校でもあります。

高校は県内の陸上強豪校・鳥取中央育英に進学します。高校1・2年時に全国高校駅伝に出場。1年時は5区で32位、2年では7区で33位という結果でした。

3年時はインターハイ鳥取県大会5000mで2位。中国地区大会7位で惜しくもインターハイに出場はできませんでした。全日本びわ湖クロスカントリー大会5kmで4位入賞。

その他には都道府県対抗駅伝にも選ばれているので県内ではトップクラスのランナーだったといえます。高校時代の5000m自己ベスト記録は14分39秒でした。

 

大学は駅伝の強豪校・駒澤大学に進学します。二岡選手は長い距離を得意としていたようで大学ではハーフマラソンに積極的に取り組みます。

駒澤大学での練習で着実に実力をつけていきます。大学2・3年時は箱根駅伝にエントリーされましたが残念ながら出場は出来ませんでした。大学ではレギュラーではありませんでしたがこの時期も都道府県対抗駅伝の鳥取代表に選ばれています。

大学4年時にようやく念願がかなって箱根駅伝に出場します。

9区を走り区間賞まであとわずかの区間2位となりました。

Sponsored Links







二岡康平さんは中電工!

大学を卒業後の2016年4月から実業団の中電工に入社します。2017年から3年連続ニューイヤー駅伝に出場し、7区16位(2017年)、4区34位(2018年)、4区5位(2019年)という成績を残します。また中電工2年目の2018年別府大分でマラソン(2時間13分28秒・13位)初挑戦。

同年7月のゴールドコーストを経て、3回目となる2019年別府大分で、一般参加ながら2時間9分15秒の自己新をマーク。日本人トップの4位でフィニッシュし、”MGC”出場権を獲得します。

駒澤大学時代からあまり目立たなかったため無名の新生現るとの報道がされました。学生時代からセンスとか実力があってすごい選手だったというわけではなく、努力してタイムを伸ばしてきタイプの方です。

男子マラソンは学生時代から順調に育った選手だけではなく、こういう新しい選手がどんどん登場しますね。

 

4月に世界陸上のマラソン代表に選出されます。”MGC”の出場権を辞退し世界陸上を選択したわけです。代表に選ばれた時のインタビューでは「日の丸を背負うチャンスがあるなら、今できることに挑戦したい」というコメントがありました。

またツイッターでは「この度、世界陸上ドーハ大会マラソン日本代表に選出されました。”MGC”との迷いもありましたが今後のキャリア等様々なことを考えた結果世界陸上に決めました。

選ばれた以上結果にこだわって取り組んでいきたいと思います」と述べています。ちなみに二岡選手のツイッターは知り合いの選手のツィートが多いですね。

 

世界陸上に向けて同じくマラソン代表の川内優輝選手と6月25日から北海道釧路市で合同合宿を行いました。30日には練習を公開しました。この日は二岡選手が先着しましたが、川内選手との合宿で何より驚いたのが川内選手の食欲だそうです。

27日午前に1000メートル×10本のインターバルを行い強度の高いトレーニングで疲労し、食欲がわかなかった二岡選手は「昼ごはんは軽めでいいな」と思ったがのですが川内選手は違いました。ミートスパゲティにカツレツを乗せた「スパカツ」の大盛りをぺろり。

「内臓の強さを感じた。とんでもない量を食べていて、こういうのがスタミナにつながっているんだな」と二岡選手は改めて川内選手のすごさを実感したようです。

この合宿で刺激しあって本番ではいい状態で臨めると良いですね。

 

練習の様子の動画がありました。

 

二岡選手は陸上選手としてはイケメンと呼ばれているようですが、彼女ですとか結婚しているなどの情報はありませんでした。ツイッターも陸上関連ばかりで今は世界陸上に集中ということなのでしょう。

Sponsored Links







二岡康平さんの記事まとめ

駒澤大学の先輩中村匠吾選手が東京オリンピックマラソン代表に内定しました。

二岡選手はあえて”MGC”辞退の選択をしました。

出場していたらどうなっていたかは分かりません。

世界陸上では「8位入賞を目指してやっていきたい」と目標を掲げています。

そして「結果が求められる。思い出づくりだけにはしたくない」と強い決意を表しています。また東京オリンピックの3枠目を念頭に「可能性がある限りは狙っていきたい」と意欲を示しています。

オリンピックはかなり厳しいですが、世界陸上で結果を残し次代の有力選手としてさらに強くなってもらいたいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。