世界陸上2019

山岸宏貴(世界陸上マラソン)の経歴wikiや出身中学高校は?箱根駅伝の成績や結婚しているのか調査!

2016年3月1日、GMOインターネットが4月1日にGMOアスリーツを創部することを発表しました。世界に通用するNo.1を目指すスポーツ選手の育成を目的として創部。

当初は男子陸上長距離のスタッフ・選手で構成し、将来においては他競技への支援も検討という発表からスタートしました。

アドバイザーには青山学院大の原晋監督が関わり次世代のアスリートチームとして注目を集めていました。

創部以来チームとして駅伝には関わっていませんでしたが、2019年7月24日に駅伝に参入することを発表、東京都内で記者会見を開き、元上武大学駅伝部の監督で現GMOアスリーツの花田勝彦監督は「駅伝との両立は難しいが、個人のレベルを上げるため高い意識で取り組んでほしい」と話しています。

そしてGMOアスリーツから世界陸上に初めて選手が選ばれました。

https://athletes.gmo.jp/news/1476/

マラソン代表の山岸宏貴選手です。

 

あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)の日程やスケジュールは?日本代表の選手やリレーメンバーと速報や結果も!まもなく始まる世界陸上。世界陸上競技選手権大会は2019年9月27日から10月6日までカタール・ドーハで開催される予定です! 開催...
あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)出場の標準記録やリレーメンバーは?日本代表の注目選手を調査!2019年の世界陸上はカタール・ドーハ で9月27日(金)から10月6日(日)まで開催されます。 ちょうどこの時期は日本でも大きな...
あわせて読みたい
川内優輝の顔画像
川内優輝(世界陸上2019)の経歴や結婚した水口侑子の食事がスゴイ?父親母親兄弟やツイッターも調査!日本のオリンピック初参加の時に金栗四三(かなくり しそう)が出場した種目であるマラソン。日本では伝統の人気種目です。 しかし今回の...
あわせて読みたい
世界陸上2019北口榛花の経歴や中学高校は?日本記録やミライモンスターで紹介されていた!2020年、1964年以来56年ぶり2回目となる東京オリンピックが開催となります。 夏季・冬季を通しても日本でのオリンピック開催は...
あわせて読みたい
白石黄良々さんの画像
白石黄良々(世界陸上短距離)の経歴wikiや両親がつけた名前の由来は?出身高校や大学も!今回調べたのは、世界陸上が目前と迫ってきている中、注目されている短距離選手をご紹介したいと思います。 その方の名前は、白石きららさ...

Sponsored Links







山岸宏貴さんの経歴は?

 

 

山岸宏貴選手は1991年9月6日生まれで新潟県出身です。

小学校の頃は剣道をしていたそうですが陸上を始めます。地元の城東中学から高田北城高に進学します。

高校時代の5000mの自己ベストは14分47秒でそれなりに優秀ですが、全国レベルでは埋もれてしまうタイムです。

全国高校駅伝には出場したことがありませんが3年生の時に全国都道府県駅伝の選手に選ばれて出場しています。

このことからも県内では優秀な選手だったといえます。

 

大学は上武大学に進学、花田監督の指導を受け実力をつけていきます。

山岸選手は高校時代もそれなりに走力がありましたので、実力が上がってくれば十分戦力となる選手でした。

1年生から全日本大学駅伝の予選、箱根駅伝予選のメンバーに選ばれます。箱根駅伝予選は個人93位と健闘。

上武大3回目の箱根駅伝出場に貢献しました。

しかし1年の時は走れませんでした。2年になり実力が増した山岸選手はチームの主力選手となります。

全日本の予選では3組10位、箱根の予選では個人76位の好走でチームの予選通過に貢献。

全日本は初出場、箱根予選は上武大学が全体トップでの通過とそれぞれチームにとって記念すべき結果となりました。上武大は全日本大学駅伝で快進撃を魅せます。

序盤から上位に食らいつくと山岸選手も5区5位と健闘します。

その後も6区渡辺選手の4人抜きの快走などもあって総合6位といきなりシード権を獲得してしまいました。

箱根でも期待されましたが序盤から流れに乗れず山岸選手も3区18位に終わりました。この年の総合順位は16位でした。

 

3年生では当然主力選手となった山岸選手。箱根予選では前年から1分近くタイムを縮めて個人44位になります。シードチームとして臨んだ全日本大学駅伝では3区7位となります。

この年の箱根駅伝では強風が吹き荒れる悪コンディションで3区は横風に悩まされ区間15位でした。

総合順位も18位と全く揮いませんでした。

4年生になると目に見えて成長します。

春のうちに5000m13分台、10000m28分台、ハーフマラソン62分台とチームのエース級としての走りを見せます。そして関東インカレでも2部10000mで5位入賞を果たします。

さらに、この年のユニバーシアード競技大会のハーフマラソン代表に選ばれ4位入賞をを果たします。全日本駅伝の予選では3組2位(チームは予選敗退)、箱根の予選でも個人32位と過去最高の成績を残します。

そして迎えた最後の箱根駅伝。山岸は1区を任されます。

この年の1区はかつてないほどにハイレベルな選手が揃いました。

早稲田の大迫傑、駒沢の中村匠吾、後にGMOのチームメイトで青山学院の一色恭志、他校も有力選手を送り出し序盤からハイペースで進みました。

山岸選手は何とかくらいついていき1時間03分11秒の区間10位と健闘します。

区間賞を獲得した中村匠吾選手は後にMGCで優勝し東京オリンピック代表になっています。

この年も上武大学は総合20位と山岸選手作った序盤の良い流れを生かせず総合20位に沈みました。

 

大学卒業後は日立物流に進み、2015年延岡西日本でマラソンデビューします。

しかし社会人選手としてなかなか結果を残せずにいました。

そして2016年にGMOに移籍します。大学時代の恩師・花田勝彦監督に再び指導を受けることとなります。

マラソンでは大崩れしない走りを見せ2018年の東京マラソンで2時間10分14秒の自己記録をだします。12月の福岡国際マラソンでは2時間10分42秒で6位に入ります。

MGC出場権獲得済みの上位2選手を除き日本人2位となったことで、MGC出場権を手に入れました。

しかしMGCには出場せず世界陸上日本代表に選ばれました。

 

プライベートでは2019年の3月に結婚。披露宴には花田監督も出席、大学や社会人のチームメイトが集まりました。

Sponsored Links







山岸宏貴さんの記事まとめ

一般的にはあまり有名ではない山岸選手。

MGCにあえて出場せず世界陸上のマラソン代表となりました。

 

大崩れしないのが持ち味ですので、最後まで粘って上位に残る走りをしてもらいたいです。

今後はマラソンと駅伝で結果を出し山岸選手の名前が知られるような存在になってくれることを願います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。