世界陸上2019

勝木隼人(世界陸上競歩)の経歴wikiや出身中学高校は?自衛隊出身でツイッターも調査!

勝木隼人の顔画像

まもなく始まる世界陸上、どんな方々が出場されるのかチェックしていますか?

今回はその中で競歩の選手の勝木隼人さんについて調べてみました。

競歩というのはマイナーであまりルールを知る人がいないかもしれませんが、日本は世界ランキングなどを見ると強い選手が多い競技なので、ぜひ注目してほしいなと思います。

はじめに勝木隼人さんのプロフィールをご紹介します。

勝木隼人の顔画像

出典 https://detail-news.com/katuki-hayato

 

今回の右代啓祐さんのことでツイートしています。

 

あわせて読みたい
右代啓祐
世界陸上2019右代啓祐の経歴や布団職人でコーチの青木誠一の走法とは?結婚相手や弟や筋肉の画像は?2日間にわたって陸上競技の10種目を行い、その記録を得点化して順位を競う十種競技。 別名”デカスロン”。 陸上運動の基盤とな...
あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)の日程やスケジュールは?日本代表の選手やリレーメンバーと速報や結果も!まもなく始まる世界陸上。世界陸上競技選手権大会は2019年9月27日から10月6日までカタール・ドーハで開催される予定です! 開催...
あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)出場の標準記録やリレーメンバーは?日本代表の注目選手を調査!2019年の世界陸上はカタール・ドーハ で9月27日(金)から10月6日(日)まで開催されます。 ちょうどこの時期は日本でも大きな...
あわせて読みたい
山岸宏貴(世界陸上マラソン)の経歴wikiや出身中学高校は?箱根駅伝の成績や結婚しているのか調査!2016年3月1日、GMOインターネットが4月1日にGMOアスリーツを創部することを発表しました。世界に通用するNo.1を目指すスポーツ...
あわせて読みたい
鈴木雄介の顔画像
鈴木雄介(世界陸上競歩)の経歴やツイッターは?情熱大陸に出演した事もあった!世界陸上2019が目前と迫っている中、注目されているのは競歩の鈴木雄介さん。 https://appareltenbai.com/...

Sponsored Links







勝木隼人さんの経歴や出身中学高校は?

  • 名前 勝木隼人
  • 生年月日 1990年11月28日生まれ
  • 所属 自衛隊体育学校
  • 出身地 福岡県
  • 身長/体重 168cm/62kg
  • 出身校 平野中(福岡)→武蔵台高(福岡)→東海大学
  • 自己ベスト 50kmW:3:44:31(2018.5 世界競歩チーム選手権)
  • 主な代表歴 世界選手権(19ドーハ)、アジア大会(18ジャカルタ)

勝木隼人選手は、福岡県大野城市の出身です。

中学校は地元の平野中学校で、高校は県立武蔵台高校に進学されました。

武蔵台高校は、2019年2月の第63回筑紫野市駅伝大会において、一般の部も含めて全体の1位になるなど、活発に活動しています。

大学は陸上の名門で、2019年の箱根駅伝で、王者・青山学院大学を抑えた東海大学に進学されています。

大学時代に、トラック陸上選手から競歩選手へ転身されたようです。

初めから競歩をしていたわけではないようですね。

競歩を始めたきっかけはなんだったのでしょうか。経歴などもふまえて見ていきたいと思います。

 

勝木隼人さんの陸上歴は、高校時代から始まっています。

アジア大会で優勝するくらい優秀な成績を持っているので、中学校時代から陸上を始めていたと思いましたが、高校からスタートしていたようなのです。

しかも高校時代は競歩ではなく、トラック種目の800メートルなどに取り組んでいたとのこと。そのころは、全国大会出場は叶わず、選手としては注目されていなかったようです。

しかし、高校時代の顧問だった、溝田康彦さんによれば、非常に負けず嫌いなところがあったそうで、高校時代のくやしさを糧に、大学でも陸上を続けることを決意したそうです。

高校時代から箱根駅伝に憧れてた勝木隼人選手は、突出した成績はありませんでしたので、全国のエリートが集まる東海大学への進学は、スポーツ推薦ではなく、一般入試で合格を決めたそうなのです。

普通の人と同じ条件で入学したことは知りませんでした。

 

箱根駅伝に出場するには、やはり強豪校に所属していなければ、と思ったのでしょうね。

スカウトや推薦ではなく、一般入試からでも入学して箱根に出たいという気持ちがとても伝わってきますよね。

それと、諦めずに進学しようとする気持ちが負けず嫌いというところに性格からでているなと思いました。

勝木隼人さんの東海大時代は、進学したあと、全国から集まったエリート選手に対抗するため、月間約1400キロも走り込みをしたそうです。

 

北海道から福岡くらいまでの距離を毎月走っていたことになります。

駅伝を走るような選手はそれくらい普通なのかな、と思いますが、勝木隼人さんは通常の練習以外にも自主練を相当れていた様です。しかし、トレーニングを頑張りすぎて足の故障が相次いでしまったこともあるようです。

ところが今となっては、この故障期間に、リハビリの一環として競歩を始めたことが、コーチに競歩の才能を見いだされたきっかけとなったようです。

怪我したことにより自分の力が最大にでる競歩に出会えてよかったと感じました。

 

ですが、故障から大学陸上駅伝チームのマネージャーを務めていた勝木隼人選手は、最初は競歩選手とマネジャー兼務していたとのこと。

やはり初めは駅伝を諦められなかったのでしょうか。

しかも、競歩選手として評価されていなかったので、練習時間の確保も難しく、駅伝チームの朝練習前と夕食後に練習する日々で、睡眠時間が3時間という日もあり、過酷な日々を送っていたそうなのです。

しかし、才能と努力が実を結び、20キロ初レースとなった2011年2月の日本選手権20キロ競歩で7位という成績を残しました。

その年の世界陸上B標準を破ったことが評価されて大学2年生になったころには、競歩に専念できるようになったそうです。

 

その後、2012年2月の日本選手権は4位で五輪A標準を突破!!という驚異的なスピードで、成長をみせました。

怪我も克服してそのあとも実力が認められてほんとうによかったなと思いました。

東海大時代には、1万メートル競歩で2年連続の学生日本一に輝いた実績を残し、箱根駅伝ランナーとして走ることはできませんでしたが、競歩選手として十分な実績を残されました。

勝木隼人さんのツイッター

勝木隼人さんはツイッターをされています。

そしてツイッターでの名前が「やる気元気勝木」というユニークな名前でした。

 

そしてツイッターで競歩を宣伝する時も宣伝文句がなんだかユニークです。

この事から勝木さんの性格がなんだかうかがえますね!

Sponsored Links







勝木隼人さんは自衛隊員!

そして、2014年、卒業から1年後に、一般隊員として自衛隊に入隊。2015年から自衛隊体育学校所属になり、競歩に打ち込めるようになったそうです。

 

ちなみに自衛隊体育学校とは、自衛隊体育学校は1961年8月、陸海空自衛隊の共同機関として陸上自衛隊朝霞駐屯地に、「部隊等における体育指導者の育成」「オリンピック等国際級選手の育成」「体育に関する調査研究」を目的として創設されました。

自衛隊体育学校の入学には、学力は必要なく、必要なのは実績と競技力とのこと。

入校するのは、相当競技レベルが高くないと入れないようなので、勝木隼人さんが自衛隊体育学校に所属しているということは、凄いことだなと感じました。

Sponsored Links







勝木隼人さんの記事まとめ

経歴などをみてきましたが、そんな勝木隼人さんの活躍されている情報や応援などがツイッターなどで発信されています。

ニュース番組やその他の番組でも出演されていたようなのでぜひチェックしてほしいなと思いました。調べてみると写真や動画もありました。

 

最後にまとめですが、今回は勝木隼人さんについて調査してみましたが、大学に入学して怪我などをしなければ競歩を始めていなかったんだなと思うと転機が訪れて良かったなと思いました。

それまでは駅伝に出て活躍するのを夢見てたと思いますが、その駅伝を辞めて競歩にしたら、世界でも活躍するほどになって注目されるようになり、凄い人生だなと思いました。

駅伝を諦めずにしてきたからこそ今の勝木隼人さんがいると思うので、駅伝を頑張って続けてきて良かったと思いました。

大学卒業後も自衛隊に入るなど、凄い経歴があり驚きました。努力は裏切らない、そんな人生な方だと思いました。

世界陸上でも活躍されること間違い無いと思うので応援していきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。