世界陸上2019

白石黄良々(世界陸上短距離)の経歴wikiや両親がつけた名前の由来は?出身高校や大学も!

白石黄良々さんの画像

今回調べたのは、世界陸上が目前と迫ってきている中、注目されている短距離選手をご紹介したいと思います。

その方の名前は、白石きららさん、名前を聞くと女性?と思う方もいると思いますが、男性の名前です。

可愛らしい名前ですが、その名前の由来や、白石さんのことについて詳しく調べてみたいと思います。

まずはプロフィールから見ていきましょう。

あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)の日程やスケジュールは?日本代表の選手やリレーメンバーと速報や結果も!まもなく始まる世界陸上。世界陸上競技選手権大会は2019年9月27日から10月6日までカタール・ドーハで開催される予定です! 開催...
あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)での織田裕二のギャラはいくら?過去には〇千万円だった!?9月末にドーハで世界陸上2019が行われます! 楽しみにしている方も多いと思います! そして今回のキャスターは毎年おなじみの...
あわせて読みたい
ウォルシュジュリアンの経歴や父母両親や姉は?髪形がおしゃれでインスタやツイッターも調査!今回注目したのは世界陸上2019で日本の選手として選ばれたウォルシュジュリアンさんについて詳しく調べてみたいと思います。 ご存知の...
あわせて読みたい
右代啓祐
世界陸上2019右代啓祐の経歴や布団職人でコーチの青木誠一の走法とは?結婚相手や弟や筋肉の画像は?2日間にわたって陸上競技の10種目を行い、その記録を得点化して順位を競う十種競技。 別名”デカスロン”。 陸上運動の基盤とな...

Sponsored Links







白石黄良々さんの経歴wiki

白石黄良々さんの画像

出典 https://news4newlife.com/person/shiraishiyomikataprof/

 

  • 名前 白石黄良々(しらいしきらら)
  • 生年月日 1996年5月31日(22歳)※5月5日現在
  • 出身 鹿児島県
  • 出身大学大東文化大学・スポーツ科
  • 所属 株式会社セレスポ(2019年4月入社)
  • 身長 179.5㎝
  • 体重 不明
  • 競技種目 100m(10秒32)、200m(20秒88)
  • 2019記録 吉岡隆徳記念第73回出雲陸上競技大会(4月21日)100m優勝等

 

世界陸上2019、200m内定のようです。


そしてそんな白石さんの経歴ですが、陸上短距離の白石きららさんは実は中学2年の時、これまでやっていたサッカーから陸上に転向したそうです。遅いスタートとなりましたが短距離を種目に記録を残していきます。

高校は出水商業高校に進学。高校2年のときには県高校新人大会の100mで鹿児島県高校歴代ランキング8位につけました。その時の記録は10秒62 風速+1.9 。

高校3年のときには南九州高校総体の200mで鹿児島県高校歴代ランキング14位に入りました。そのときの記録は 21秒76 風速+0.4だった。

出水商業高校を卒業し、2015年4月に大東文化大学へ進学しました。

大学での記録は華々しくみえるが、そういうわけではなかったようです。大切な試合になると脚がけいれんし、力を発揮できなかったという苦しい経験もしたとのこと。

2016年7月3日の県選手権では100m、200m共に優勝。

2016年9月17日の関東学生新人陸上選手権では4×100mリレーでは40秒04で2位。2017年7月9日の第30回南部忠平記念陸上競技大会(厚別公園競技場)では100mA決勝で10秒39(+1.3)で3位。

自己ベストを更新させました。日本選手権 A標準、全日本インカレA標準を突破。

2017年9月には大東文化陸上部の大主将になり、チームを引っ張る存在になっていきました。

白石黄良々さんはサッカーをされていたこともあってか、チームプレイとしての強みを持っておられました。その言葉として、「個人競技としてのチームをどうまとめているか?」という質問には「応援などのサポートは全員でやるので結局はチームスポーツだと伝えている。」と答えていました。陸上は個人競技ですが助け合いながらお互いに声掛けてして応援するスポーツなので団結力が問われるものだとも思います。

同級生からは「まさにエース。いい記録を持っているのにもかかわらずどん欲に練習しており、後輩からも慕われている。同級生としてライバルだと思っている」と言われていました
良い記録に甘んじず、どん欲に練習する姿はツイッターでも垣間見られます。子供に怖がられる強面なようで、「優しさがにじみ出る顔になりたかった」とかいておられたが、その実は後輩に慕われる人間性のようです。見た目も長身かつかなりの男前で、走りも早いのだが、とても謙虚でおられ、サインをせがまれても「自分でいいのか?」と心配していたそうです。

2017年9月9日の桐生選手が9秒台を叩き出したレースは現地にいながら見ていなかったという。帰ってしまっていて残念がっていました。

白石さんはその後も記録を更新し、2018年7月8日の鹿児島県選手権では三連覇し、大会MVPに選ばれました。2018年7月21日の2018オールスターナイトでは10秒32(+1.5)で3位。自己ベストをさらに更新させました。

2019年3月29日のシンガポールオープンでは100mで優勝されました。そして、2019年4月からセレスポの所属選手として活動されることになりました。大学では大切な試合になると脚がけいれんし、力を発揮できなかったという白石黄良々さんが壁を破るきっかけとなったのは、社会人として迎える今期開幕に向けて、食事と生活を見直した事でした。

「自分の体がわかってきて、充実した練習ができるようになった」とのことでした。

2019年4月21日の第73回出雲陸上(島根・浜山公園陸上競技場)では10秒21(+3.4)でグランプリ初優勝をみせました。追い風3.4メートルで参考記録。とはいえ、スタートがうまくいっていなかったのを立て直してのこの記録でした。

2018年の100mの記録は安定的に伸びているので、狙い通りに調整できている感じにみえます。インタビューでは「今日は勝負を意識してたので、こういうメンバーの中で勝てたことが大きい。もっとアピールして東京五輪につなげたい。」と答えていました。

白石黄良々さんは2019年4月からはセレスポ所属になり、普段は多田修平と練習しています。身近にライバルがいることは大きいのかもしれないですね。2019年1月には多田修平選手と合宿もともにしているようです。刺激があっていいなと感じます。

その後の記録は2019年5月3日 静岡国際陸上2019では男子200m決勝で20.68(+0.6)の自己ベストを叩き出し2位に。

100mに続き200mもベスト更新。日本人としては1位の記録を出しました。2019年9月27日からカタール・ドーハで開催される第17回世界陸上競技選手権大会への参加標準記録(20秒40)に近づいたことになり、期待もされていき2019年5月11日(土)12日(日)のIAAF横浜国際総合競技場世界リレーでは4×100、4×200ともにリレーメンバーに選ばれ、白石黄良々選手は5月12日の4×200に出走しました。白石黄良々さんは予選で第2走者として出場されました。

結果は5着になりましたが、好成績でタイムで決勝へ進むことができました。

これまで、経歴や成績をみてきましたが、若いのにとても好成績を出していてすごい選手だなと感じました。

Sponsored Links







白石黄良々さんの名前の由来

 

白石さんの名前は1度聞いたらわすれない名前ですし、インパクトがあっていいですね。他の人と間違われる心配もなさそうです。

ちなみに名前の由来は母親が映画「幸福の黄色いハンカチ」が好きで誰かを幸せにする人になってほしいという思いが込められているそうです。とてもいい由来で気持ちが込められているなと感じました。

Sponsored Links







白石黄良々さんの記事まとめ

最後にまとめると、白石さん、今後が楽しみなことがわかります。今回の世界陸上ではどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

タイムも新記録を目指して頑張ってほしいなと思います。

名前も覚えやすいのでたくさんの人に覚えていただきたいですね、期待して応援したいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。