スポーツ

ウォルシュジュリアンの経歴や父母両親や姉は?髪形がおしゃれでインスタやツイッターも調査!

今回注目したのは世界陸上2019で日本の選手として選ばれたウォルシュジュリアンさんについて詳しく調べてみたいと思います。

ご存知のない方が多いと思いますが、顔を一度見たら忘れないような濃い顔なので覚えやすい選手かもしれません。

オリンピック目前なので是非知っていただきたい選手で、活躍も期待できる素晴らしい選手です。

まずは簡単なプロフィールからご紹介いたします。

あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)の日程やスケジュールは?日本代表の選手やリレーメンバーと速報や結果も!まもなく始まる世界陸上。世界陸上競技選手権大会は2019年9月27日から10月6日までカタール・ドーハで開催される予定です! 開催...
あわせて読みたい
右代啓祐
世界陸上2019右代啓祐の経歴や布団職人でコーチの青木誠一の走法とは?結婚相手や弟や筋肉の画像は?2日間にわたって陸上競技の10種目を行い、その記録を得点化して順位を競う十種競技。 別名”デカスロン”。 陸上運動の基盤とな...
あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)での織田裕二のギャラはいくら?過去には〇千万円だった!?9月末にドーハで世界陸上2019が行われます! 楽しみにしている方も多いと思います! そして今回のキャスターは毎年おなじみの...
あわせて読みたい
世界陸上で織田裕二がキャスターをしているのはいつから?なぜなのか理由や名場面と名言(迷言)をチェック!世界陸上が開幕まであと少しです。 個人的には陸上をしていたという事もあって楽しみにしています! https://appare...

Sponsored Links







ウォルシュジュリアンさんの経歴

 

  • フルネーム ウォルシュ・ジュリアン・ジャミイ
  • 国籍 日本の旗 日本
  • 競技 陸上競技 (短距離走)
  • 種目 400m
  • 所属 富士通
  • 大学 東洋大学
  • 生年月日 1996年9月18日(22歳)
  • 出身地 ジャマイカの旗 キングストン
  • 身長 175cm
  • 体重 75kg
  • 成績 オリンピック
    400m : 予選4組6着 (2016年)
    4x400mR : 予選1組7着 (2016年)
  • 地域大会決勝
    アジア大会 400m : 5位 (2018年)
    4x400mR : 3位 (2018年)
    アジア選手権 400m : 5位 (2019年)
  • 4x400mR : 優勝 (2019年)
    国内大会決勝
  • 日本選手権 400m : 優勝 (2016年、2018年、2019年)
    4x100mR : 2位 (2017年)
    4x400mR : 優勝 (2017年)
    自己ベスト
  • 100m 10秒53 (2016年)
    200m 20秒77 (2017年)
    400m 45秒21 (2019年)

 

プロフィールを見るとまだまだ若い選手ですね。これから記録もたくさん出していける選手だと感じました。

そして出身はジャマイカということですが、ジャマイカといえば、あのウサインボルト選手の出身地、一緒なことに驚きました。期待が膨らみます。

 

東村山市立第三中学校、東野高等学校卒業。東洋大学(ライフデザイン学部健康スポーツ学科)を経て、2019年4月より富士通に所属されています。

 

ウォルシュジュリアンさんはジャマイカのキングストンで生まれた後、3歳から日本で暮らして育ちました。

中学時代は学校に陸上部がなかったのでバスケットボール部に所属。

 

高校の陸上部に入部して陸上を始めるも、校庭が狭いために練習は近くの芝生や坂道、競技歴のある指導者もいないという環境の中、1年時は100mに取り組んでいたが練習は休みがちだったそうです。

2年の進級時に国民体育大会出場経験のある監督が赴任し、陸上に本気で取り組むようになってから急成長を遂げるようになりました。

2年時(2013年)の7月に県西部地区国民体育大会予選で400mに初出場して優勝(50秒16)すると、秋には400mで48秒台に突入し、10月の関東選抜新人400mを48秒74で制しました。

 

高校3年生になっても記録を伸ばし続け、6月のインターハイ北関東予選400mでは自己ベストを0秒53更新する46秒98をマークされる。

大会記録を14年ぶりに更新して優勝すると、同大会の200mも21秒75で制して2冠を達成し、インターハイの出場権を獲得しました。

 

自己ベストを更新し続ける活躍が日本陸上競技連盟から評価され、7月下旬にアメリカのユージーンで開催される世界ジュニア選手権の4×400mリレー日本代表に選出。初の全国大会の前に世界大会を体験することになりました。高校ではメンバー不足でリレーが組めず、世界ジュニア選手権が人生初のリレー体験となったが、予選と決勝で1走(ウォルシュ、油井快晴、北川貴理、加藤修也)を務め、決勝ではジュニアアジア新記録およびジュニア世界歴代4位の記録となる3分04秒11で銀メダルを獲得し、1996年大会に並ぶ日本最高成績を記録しました。

 

7月27日に世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得、7月30日にインターハイの400m予選に出場するというハードスケジュールだったが問題なかったとのことでした。。しかし、インターハイの400mは予選9組に登場して1着でゴールするもレーン侵害があったとして失格。200mも予選敗退に終わり、最初で最後となったインターハイは次のラウンドに進めないで終わりました。

 

8月30日、全国高校選抜で人生初の300mを走り、予選(33秒50)と決勝(33秒25)で高校最高記録を樹立して初の全国タイトルを獲得した。

 

9月14日、地域別対抗戦であるコンチネンタルカップ4×400mリレーにアジア・太平洋代表として出場し、初めてシニアの国際大会を体験した。

レースではアンカー(田村朋也、北川貴理、油井快晴、ウォルシュ)を務めたが、3分03秒77の最下位に終わった。

 

大学は東洋大学に入学。4月の織田記念400mで3位に入り、この結果を受けて5月の世界リレー4×400m日本代表に選出され、初めてシニアの日の丸を背負うことになりました。

大会ではメンバー全員大学生という若いチームの3走(小林直己、佐藤拳太郎、ウォルシュ、北川貴理)を務めたが、3分06秒38の予選2組6着(全体17位)で決勝進出はならず、全体16位まで進出できるB決勝進出も0秒01差で逃しました。

 

ですが、6月7日、アジア選手権4×400mリレーで1走(ウォルシュ、金丸祐三、大瀬戸一馬、北川貴理)を務め、銅メダル獲得に貢献した。

6月27日、初出場となった日本選手権400mの予選でジュニア日本歴代9位の記録となる46秒11をマークしたものの、着順で決勝に進出できる組2着には0秒04差で入れなかった。

例年なら決勝進出可能なタイムだったが、今大会は予選で45秒台が7人も出るハイレベルな大会になったためにタイムでも拾われず、予選全体10位で敗退となった。

7月26日、トワイライト・ゲームス400mでジュニア日本歴代6位の記録となる45秒92をマークし、45秒台に突入しました。

4月23日、出雲陸上300mに出場すると、この種目のアジア記録保持者である藤光謙司、元日本記録保持者である金丸祐三は欠場で不在だったものの、32秒73の自己ベストをマークして優勝しました。

 

5月3日、静岡国際400m(タイムレース)で46秒06のセカンドベスト(当時)をマークし、金丸祐三、小林直己、加藤修也といった有力選手の一部はリオデジャネイロオリンピック4×400mリレーの出場権を獲得するため海外遠征中で不在だったが、総合2位に0秒59差をつけて初優勝を果たしました。

 

5月8日、ゴールデングランプリ川崎400mに大会直前で出場が決まると、1レーンのスタートながら自己ベストおよび日本学生歴代9位(共に当時)の記録となる45秒68をマークし、ジャリン・ソロモン(45秒77)、ジェレミー・ウォリナー(46秒04)、レニー・クオ(46秒73)といった海外選手勢を抑えて優勝しました。

5月、関東インカレに出場すると、20日の400m準決勝を全体トップとなる45秒83で突破(予選・準決勝を通じて唯一の45秒台)。決勝では46秒22とタイムを落とすも、2位の佐藤拳太郎に0秒74差をつけて快勝した。22日の4×400mリレー決勝ではアンカーを務め、3分05秒75をマークしての2位に貢献。

 

6月11日、日本学生個人選手権の400m決勝で自己ベストおよび日本学生歴代9位(共に当時)の記録となる45秒64をマーク。

10日の準決勝で自身が樹立した大会記録(45秒84)を0秒20、ゴールデングランプリ川崎でマークした自己ベスト(45秒68)を0秒04更新して優勝しました。

 

6月24-25日、日本選手権の400mに出場すると、24日の予選で自己ベストを0秒10更新する日本学生歴代7位(当時)の45秒54をマーク。

この種目11連覇中だった金丸祐三が怪我の影響もあって敗退する中]、予選を唯一の45秒台で突破すると、翌日の決勝では日本歴代7位の記録となる45秒35をマーク。

リオデジャネイロオリンピックの参加標準記録(45秒40)を突破しての初優勝を成し遂げ、日本代表に内定しました。

Sponsored Links







ウォルシュジュリアンさんが世界大会に出場!

8月12日、リオデジャネイロオリンピック400m予選で世界大会の個人種目初出場を果たしたが、前日に足首を捻挫したことから痛み止めを打ってレースに臨んだそうで、結果はオリンピックの雰囲気にものまれ実力を発揮できず、46秒37の組6着で敗退しました。

19日の4×400mリレー予選は1走を務めたが、3分02秒95の組7着で決勝には進めなかったようです。

2017年4月22日、2大会連続の出場となった世界リレー4×400m予選で1走を務めたが、レース途中で肉離れを起こしたため.次の走者にバトンを渡すことができず途中棄権に終わってしまいました。

そして、2019年4月より、富士通に入社しました。

2019年5月に行われた世界リレー大会において、1600mリレーに、佐藤拳太郎、北谷直輝、若林康太と共に、ウォルシュは第一走者として出場。3分3秒24で4位に入った。これにより、世界選手権の出場権を獲得しました。

ウォルシュジュリアンさん、すごくリレーなどの記録に貢献させているなと思います。経歴を見るとすごいなと思います。

やはり外人の血もあるので足も長いですし、日本人よりも短距離でいうと強いのかもしれません。大学まではあまり故障は見られなかったのですが、調子が崩れたりした時期もやはりあったのだなと思いました。

肉離れや捻挫は一度なるとまたなりやすいので気をつけてほしいなと思います。

Sponsored Links







ウォルシュジュリアンさんの父母の両親と姉は?

そして、ジャマイカ人の父と日本人の母(一般人)を持つハーフであることがわかりました。

お姉さんはティファニー・キャデラックのアーティスト名で歌手・モデルとして活躍しています。

とても美人です。ティファニーさんは東京生まれのジャマイカ育ちなので、ウォルシュ・ジュリアン選手とは逆ですね。

 

ちなみにティファニーさんは英語も日本語もペラペラだそうです。

お父さんはこちらのエマニュアル・ジュリアンさんです。

 

ウォルシュジュリアンさんのツイッター

そしてウォルシュジュリアンさん、ツイッターやインスタでも自身の写真を載せているのですが、そのお写真がモデルさんのようなのです。

髪形もきまっていますね。

 

 

写真を見たら忘れられない顔をしてらっしゃいます。

顔立ちも綺麗でイケメンだと思います。

自身のツイッターには陸上のことや大会の様子やプライベートまで、投稿されています。

見たら必ずこれから気になってしまう選手だと思いました。

そして、仲間と写る写真をみると、とても明るい性格だということが伝わってきました。

Sponsored Links







ウォルシュジュリアンさんの記事まとめ

最後にまとめるとウォルシュジュリアンさんについて調べてみたら顔立ちははっきりしていて外国の人っていうような印象を持ちますが小さい頃から日本で育ってきたということなので親近感が湧いてきました。

名前は覚えるのは少し難しいですが、これから活躍していったら誰もが知る選手になっていくと思うので期待して見ていきたいと思いました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。