世界陸上2019

岡田久美子(世界陸上競歩)の経歴や高校大学は?ツイッターやインスタグラムも調査!

岡田久美子の顔画像

世界陸上2019が目前まで迫ってきている中、注目をしている選手をご紹介したいと思います。

あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)の日程やスケジュールは?日本代表の選手やリレーメンバーと速報や結果も!まもなく始まる世界陸上。世界陸上競技選手権大会は2019年9月27日から10月6日までカタール・ドーハで開催される予定です! 開催...

陸上の競技の中では地味で目立たない種目かもしれませんが競歩の選手の岡田久美子さんについて今回は調べていきたいと思います。

岡田久美子さんと耳にしてご存知のない方が多いかもしれませんので、プロフィールからご紹介したいと思います。

あわせて読みたい
鈴木雄介の顔画像
鈴木雄介(世界陸上競歩)の経歴やツイッターは?情熱大陸に出演した事もあった!世界陸上2019が目前と迫っている中、注目されているのは競歩の鈴木雄介さん。 https://appareltenbai.com/...
あわせて読みたい
髙橋英輝の顔画像
世界陸上2019髙橋英輝(競歩)の経歴やツイッターは?大学高校や最高記録やアイドルが好き?2020年のオリンピックや世界陸上も目前まで迫ってきました。 今回はオリンピック候補の髙橋英輝さんについて調べてみたいと思います。...
あわせて読みたい
木村文子の顔画像
世界陸上2019木村文子(エディオン)のスパイクのブランドや経歴は?ツイッターインスタでの私服がかわいい!第103回「日本陸上競技大会選手権」の3日目の6月29日、女子100mハードルの決勝が行われました。 4月のアジア選手権を制した木...
あわせて読みたい
高山峻野の画像
世界陸上2019高山峻野(陸上)の経歴やツイッターやインスタは?日本選手権の記録や100mの記録は?2019世界陸上ドーハ大会。 https://appareltenbai.com/2019/09/10/sekairikujou2...

Sponsored Links







岡田久美子さんの経歴

 

岡田久美子の顔画像

出典 https://sawasaura.net/2019/05/18/okadakumiko/

  • フルネーム おかだ くみこ
  • 国籍 日本の旗 日本
  • 種目 競歩
  • 所属 ビックカメラ
  • 大学 立教大学
  • 生年月日 1991年10月17日(27歳)
  • 出身地 埼玉県上尾市
  • 身長 158cm
  • 体重 47kg
  • 成績
    オリンピック 16位(2016年)
    世界選手権 25位(2015年)
    国内大会決勝 日本選手権 優勝(2015年、2016年)
  • 自己ベスト
    20km競歩 1時間29分40秒 (2016年)

 

岡田久美子さんは熊谷女子高校で競歩を始めました。当時の同級生に2016年リオデジャネイロオリンピック自転車競技代表の塚越さくさんも同じ高校だそうです。

インターハイでは2008年、2009年に3000m競歩を連覇し、立教大学に進学すると、日本インカレで10000m競歩を4連覇したそうです。

卒業後はビックカメラに入社し、2015年に日本選手権で優勝し、世界選手権の代表に選ばれ25位に。

2016年も日本選手権で優勝し、リオデジャネイロオリンピック代表に選ばれ16位となりました。

2019年5月18日に、東日本実業団選手権の女子5000メートル競歩で日本新記録の20分42秒25で6連覇を果たした、素晴らしい記録保持者です。

そして、2019年6月8日、スペイン・ラコルニャの競歩の国際競技会で、女子20000メートル競歩で、1時間27分41秒の日本新記録で6位に入り、活躍を見せました。

競歩はマラソンとは違い距離が長いのにもかかわらず歩いてタイムを競うというものです。

走ってしまったりルールがあり、失格が出るとその場で退場になってしまうとても厳しい競技なのです。知らない人からみると、楽に見えるスポーツかもしれませんが、詳しくみると、忍耐力やトレーニングにも過酷なものを感じさせられると思います。

日本人はマラソンが得意なイメージがあるので長距離のものは今回のオリンピックでも期待はできると感じました。

 

そんな岡田久美子さん、埼玉県熊谷女子高で高校ナンバーワンの選手となり、立教大1年生のときには世界ジュニア選手権(現U20世界選手権)で銀メダルを獲得した期待の選手だったのですが、その後の学生時代に記録を伸ばすことができず「岡田は終わった」とまでささやかれたこともありました。

立教大が陸上競技の強豪校ではなかったことも、そう言われた一因だったんだろう、と言われています。

 

だが岡田久美子さんは立教大での4年間を「世界へ羽ばたく準備ができた学生時代」と振り返っていました。その言葉は意思の強さを感じます。バネにして頑張って今の岡田久美子さんがあると思います。

そして辛い4年間を世界へ羽ばたく準備として考えていたこと、世界に行くと分からなければ言えない言葉を口にしていることが素晴らしいなと感じました。

簡単に言えることではないですし、自信がなければ諦めるところを岡田久美子さんはスランプも乗り越え、世界を夢見て頑張って練習してきたということがわかりました。

練習もおそらく過酷であったと思います。ですが、いまオリンピックへの出場を期待されるまでになった岡田久美子さんをほんとうにすごい選手だなと思いました。

Sponsored Links







岡田久美子さんのツイッターやインスタグラム、facebookも!

そんな岡田久美子さんは自身でインスタグラムやツイッターで投稿をしているようです。日常や大会の記録など、色々な情報が見てわかります。

 

コメントにもたくさんの応援メッセージがきており、注目されていることがわかりました。

明るい感じの印象を受ける岡田久美子さんなので、ファンもたくさんいるんだなと思います。写真もたくさんありますが、可愛いとも話題になっていました。

スタイルも良いですし、鍛えられた筋肉も素晴らしいなと思います。

長距離の選手は減量とか、食事に気を使っていそうなので大変だなと感じました。ですが、それはみんな一緒で過酷なトレーニングをして乗り越えてきているからこそ、記録になって表れているのだなと改めて思いました。

そして体にもストイックな生活を感じさせます。

挫折もなんども経験してきているとは思いますがそれを感じさせないことが選手たちの凄いところだと感じます。

 

Sponsored Links







岡田久美子さんの記事まとめ

最後にまとめると、今回は世界陸上目前である、競歩の岡田久美子さんについて調べてみて、はじめは詳しい情報は知らなかったのですが、調べてみて素晴らしい選手だなと感じることがたくさんありました。

特にスランプの時期の後に、世界に羽ばたく準備ができた学生時代とおっしゃっていることがとても感動しましま。

すごくポジティブだと思います。怪我などをするとだれでも落ち込んだりしますよね。

それをバネにしていたことがすごいですよね。しかも、記録がなかなかでなかったり、記録が下がってしまうとやる気もだんだんと下がるような気がします。

陸上はその大会の一戦にかかっているので、本当に大変なスポーツだと思います。

そして一回のレースが失格になってしまったらとても悲しいですよね。短距離スポーツも同様に一戦で終わります、ほんの一瞬の出来事に命をかけて走っているように見えます。

そんな陸上選手たちをみていると、気持ちが強く諦めない選手が多いなと思いますし、とくに長距離は忍耐力のある人が多いなと思います。

 

岡田久美子さんの始球式の動画があったので貼っておきます。

定位置に行くまで競歩で行っていますが速いです!

 

競歩はフィールドを出て歩道を歩いて競っているイメージもありますよね。

そんな中応援をしてくれると本当に励みになり、力になるスポーツだと思います。

なので、競技が終わるまでの時間は長いですが、たくさんの人から声援を見かけたら送って欲しいなと思います。

世界陸上の中でも地味で目立たない種目かもしれませんが、たくさんの人の応援が選手に届くと思うので私たちも全力で応援したいと思いました。

 

そして、2020年のオリンピックにも出場されると思うので期待して注目していきたいと思いました。

あと、怪我など体調管理には気をつけてほしいですよね、今年は暑くて熱中症も怖いので競歩の方やマラソンなどの長い競技の人は水分をしっかり補給して頑張ってほしいとなと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。