スポーツ

世界陸上2019鍋島莉奈(日本郵政)の経歴や座右の銘は?中学高校や腹筋の画像がスゴイ!?

鍋島莉奈さんの画像

鍋島莉奈さんは皆さんご存知でしょうか。オリンピック目前としてきている中注目されている選手の一人になります。

近いうちに行われる世界陸上2019に出場予定です。

あわせて読みたい
世界陸上2019(ドーハ)の日程やスケジュールは?日本代表の選手やリレーメンバーと速報や結果も!まもなく始まる世界陸上。世界陸上競技選手権大会は2019年9月27日から10月6日までカタール・ドーハで開催される予定です! 開催...

鍋島莉奈さんは陸上の選手です。詳しくプロフィールから見てみようかと思います。

あわせて読みたい
安部孝駿の顔画像
安部孝駿(世界陸上)の父と弟もイケメンで母も美形で顔画像は?経歴インスタやブルゾンちえみの後輩だった!? 安部孝駿さんといえば陸上競技部で現在注目されており、世界陸上2019にも出場予定の選手です。 https://appare...
あわせて読みたい
戸邉直人の画像
世界陸上2019戸邉直人(JAL)の経歴や博士論文がスゴイ!トレーニング方法や筑波大学での恩師(コーチ)とは?今回は世界陸上2019やオリンピックが近いということで、選手のご紹介など経歴から詳しく調べてみたいと思います。 https://a...
あわせて読みたい
高山峻野の画像
世界陸上2019高山峻野(陸上)の経歴やツイッターやインスタは?日本選手権の記録や100mの記録は?2019世界陸上ドーハ大会。 https://appareltenbai.com/2019/09/10/sekairikujou2...
あわせて読みたい
寺田明日香がラグビーから陸上(ハードル)に転向した理由は?日本新を出せたのはデスティニーだった?寺田明日香さんが陸上のハードルで日本新を出しました! 9月27日の世界陸上2019が楽しみですね! https://appa...

Sponsored Links







鍋島莉奈さんの経歴

  • フルネーム なべしま りな
  • 愛称 なべちゃん
  • 国籍 日本の旗 日本
  • 競技 陸上競技
  • 種目 長距離走
  • 所属 日本郵政
  • 生年月日 1993年12月16日(25歳)
  • 出身地 高知県須崎市
  • 身長 160㎝
  • 記録 1500m 4分17秒97 (2018年)
  • 3000m 8分48秒21(2018年)
  • 5000m 15分10秒91 (2018年)
  • 10000m 33分18秒69(2015年)

 

鍋島莉奈さんの走っている動画がありました。

 

 

東京オリンピックの女子長距離選手の代表候補として注目されている鍋島莉奈さんは1993年12月16日に高知県須崎市で生まれました。鍋島莉奈さんの陸上としての経歴は、陸上を始めたのは中学時代で、陸上の名門高知県立山田高校へと進学した事で本格的に陸上を始めています。

 

中学まで無名の選手だった鍋島莉奈さんでしたが、高校時代を契機に一気に実力をつけ大学では全日本インカレで女子10000mで2年連続の優勝を果たすなど、女子長距離のトップクラス選手へと躍り出ます。現在は日本郵政に入社し、2020年の東京オリンピックへの出場も期待されている陸上界注目の選手です。

鍋島莉奈さんは元々サッカー少女だった!

現在、長距離陸上選手期待の新人として注目度が上昇している鍋島莉奈さんですが、実は中学に入って陸上を始めるまではサッカーに夢中なサッカー少女だったという異色の経歴を持たれています。

サッカー少女だった鍋島莉奈さんは、本当は中学でもサッカーを続けたかったらしいのですが、進んだ中学校にはサッカー部がなく、仕方がなく陸上部を選んだのだそうです。元々長距離走が好きだった鍋島莉奈さんは何となく長距離を選んだそうなのです。

この頃の事を鍋島莉奈さんは「記録もあまり気にしたことがなかった」というほど、あまり一生懸命に取り組んでいるわけでは無かったのだそうです。

中学時代の成績も、せいぜい県大会まで行けるかどうかというレベルであったとの事でした。県大会でもスゴイですが、陸上に関して熱い思いはあまりなかったのかもしれませんね。

しかし中学卒業後、鍋島莉奈さんは陸上では高知県内屈指の強豪高校である「高知県立山田高校」へと進学します。高知県立山田高校は全国高校駅伝の常連でもある陸上の超名門高校で、当然のことながら当初の鍋島莉奈さんは特に有望株とは見られておらず、ごく普通の選手として扱われていたそうです。

しかし、鍋島莉奈さんが体験入学で練習に参加すると、山田高校陸上部監督だった永田克久監督の目に止まり、「動きに力強さを感じた」「この子は鍛えれば県を代表する選手になる」と感じたそうなのです。

高校入学をきっかけにして鍋島莉奈さんは本格的に陸上に取り組む事になるのですが、高校時代は怪我に泣かされる3年間でもあったようです。実力がついてくると怪我をするの繰り返しで疲労骨折も2回あったのだとか、それでも鍋島莉奈さんは決して陸上を辞めるとは言い出さなかったようです

。辞めないという事に意志の強さを感じました。

怪我を繰り返しながらも記録は更新されてきた鍋島莉奈さん、高校時代に輝かしい経歴を残し、一躍トップクラスの選手の仲間入りを果たしました。

高校卒業後の経歴は体育大学で唯一の国立である鹿屋体育大学へと進学され、大学1年時の2012年の日本学生陸上競技個人選手権大会では女子5000mにて大会の新記録となる15分52秒95のタイムにて見事優勝し、その実力を見せつけました

そして、現在では世界陸上や、オリンピック選手として注目されています。

鍋島莉奈さんの腹筋がスゴイ

鍋島莉奈さんはその陸上での輝かしい経歴や美貌の他にも、腹筋でも注目を集めているようです。

鍋島莉奈さんの見事な腹筋がわかる画像を見ていきたいと思います。

こちらの画像は2016年日本選手権大会女子5000mで鍋島莉奈さんが初めての優勝を飾った時の画像です。

 

鍋島莉奈さんの画像

 

極限まで絞り込まれた体に鍛え抜かれた見事な腹筋が割れていますね。

この腹筋を見てもわかる様に、鍋島莉奈さんをはじめ陸上選手は無駄の一切ない肉体を持たれています。とてもかっこいいと思います。

女の人でここまで鍛えるのは大変なのではないかなと思います。誰もが憧れる美ボディだと感じました。

Sponsored Links







鍋島莉奈さんの座右の銘は?

そしてそんな、鍋島莉奈さんの座右の銘があるようです。それはずばり「がまん」だそうです。

スポーツの選手はみんながまんがとてもできる人達だと感じます。

記録を出すためにストイックなことをしたりするので、がまんはとても大きな影響を与えるのだなと思いました。特に長距離の選手は長い距離を走るので、とても過酷ですよね。

精神面でもかなり強くないとできない競技だと思います。

最後まで自分との闘いですが、強い心をもって挑んでいるのだなと感じました。そして、練習や健康管理などにも気を使いそうだなと思いました。

長距離やマラソン選手は減量などもしてそうなので、色々な面で我慢してそうだなと思いました。

Sponsored Links







鍋島莉奈の記事まとめ

最後に鍋島莉奈さんについて調べましたが、陸上にはじめは興味がなかったのは意外でした。サッカー少女だったのに陸上を始めたのは転機だったのかもしれませんね。

サッカーでも十分やっていけそうですが、やはり走ることが得意だったんだなと思いました。どのスポーツも走ることはありますが、サッカーにしてもずっと走りっぱなしですし、長距離もひたすら走る競技ですから、元々素質があったんだなと思いました。

団体戦と個人戦でも違いますが、鍋島莉奈さんはどちらもできるのでスゴイなと思います。

これから始まるオリンピックには出場が期待されていますね。

日本人は長距離やマラソンは強いなといつも見ていて感じます。

海外の選手に勝てる唯一の競技かも知れません。

それは日本人の忍耐力が素晴らしいという事と、我慢ができる、というところなんだと思います。

鍋島莉奈さんの座右の銘のがまんというのはいい言葉を選んでいるな思いぴったりな気がします。

 

そして腹筋もとてもスゴイのでよく鍛えているように感じました。

ストイックな生活をしているのかなと思います。

美貌を保つのはとても大変だと思います。

ですが毎日鍛えてトレーニングしているので身体も自然とそういう体系になるのだなと思いました。

オリンピック目前の鍋島莉奈さん、これからの活躍を期待して応援していきたいと思いました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。