政治

木村英子(脳性まひ)の経歴学歴や評判は?ツイッターやれいわ新撰組で立候補した理由は何?

2019年(令和元年)7月21日執行の第25回参議院議員通常選挙において、山本太郎氏が結党したれいわ新選組公認で比例区特定枠2位にて木村英子さんは立候補しました。

れいわ新選組が比例区で2議席を獲得したため、木村さんは参議院議員に当選しました。

 

このニュースは1位で当選した船後靖彦さんとともに国内だけではなく海外メディアでも報道されました。

Sponsored Links







れいわ新撰組の木村英子さんが当選!

 

2018年の公職選挙法の改正で比例代表に「特定枠」という、あらかじめ政党の決めた順位に従って当選者が決まる仕組みが導入されました。

それにより今回の参議院議員選挙で「特定枠」という制度が実施されたわけです。れいわ新選組公認で比例区特定枠2位で木村さんは立候補します。

途中の選挙情勢の報道ではれいわ新撰組は1議席を獲得する模様となっていましたのでそこからまさか2議席まで伸ばすとは予想していませんでした。

山本太郎代表の知名度はありましたが、全国区で2議席獲得できるだけのものはないと予想していましたので驚きました。

選挙後の全国の投票結果の詳細を見たところ、れいわ新撰組への投票は主に山本太郎代表に投票された方が多かったですが、得票率は都市部だけでなく全国でありました。

ですので政党要件を満たす2%を超えたわけです。

 

あわせて読みたい
舩後靖彦さん(全身麻痺ギタリスト)の経歴学歴や昔の若い頃の画像は?ALSでの当選理由や山本太郎との関係は?今回の選挙で舩後靖彦さん(ふなごやすひこ)が当選しました。 障害を持った方がいらっしゃると国会にまた違う風が吹くので、個人的にはい...

 

Sponsored Links







木村英子さんの学歴経歴は?

 

木村英子さんは1965年(昭和40年)5月11日、神奈川県横浜市で生まれました。

生後8ヶ月の時、歩行器に乗ったまま玄関から落ちてしまいます。

この事故で頸椎を損傷し、重度の身体障害を負ってしまいました。

左手や両足がほとんど動かせなくなり「重度障害者」と認定されています。

また脳性麻痺とも診断され、移動手段の電動車椅子を操作する右手以外、体はほとんど動かないようです。

以前は字を書けていたそうですが、現在は書くことができなくなっています。

 

1972年 養護学校「ゆうかり園」に入園、施設に付属した養護学校に通学します。

1984年 神奈川県立平塚養護学校高等部 卒業

 

平塚養護学校高等部を19才で卒業後、家族や施設の力に頼ることなく自立した生活を始めます

 

学生時代は家族や施設のスタッフ以外の人との接点が少なかったそうです。

1994年に東京都多摩市に「自立ステーションつばさ」を設立し、現在も事務局長として活動しています。

障害がある人でも楽しく地域にとけこんで生活できるように、様々な催しを開いたり、自立のための支援やコミュニティづくりなどをしているそうです。

重度障害者は家族の介護がなければ、施設に入るしかない状況を改善し自立を応援したい、そういった思いがあるようです。

 

全国公的介護保障要求者組合・書記長

全都在宅障害者の保障を考える会・代表

などを務めて、障害者の自立支援に力を入れてきました。

 

そうした活動の中で山本太郎さんと出会い、出馬の話を頂いたそうです。

木村さんは「山本太郎さんが障害者を利用していると世間から叩かれるのでは」と心配したそうですが、「障害者を利用して改善できるなら上等です」という山本太郎さんの言葉に後押しされ出馬を決めたそうです。

また正式に立候補が決まった後に木村さんはTwitterを開設しています。

 

臨時国会召集前に木村さんに大きな問題がでました。

れいわ新撰組から当選した2人は重度障害者です。2人は、24時間態勢の介助サービスを受けています。

しかし、議員として活動を始めるとその費用は自己負担となる可能性があるのです。

現在の制度では、就労は公費によるサービスの対象外となっていて、議員活動がその就労と見なされます。

議員活動にかかる費用については、参議院が当面の間特例的に負担すると決めました。

木村さんは「障害者が働いている間も公費によるサービスを受けられるようにしてほしい」と訴えています。

 

臨時国会は8月1日召集され、7月の参院選で初当選したれいわ新選組の舩後靖彦さん、木村英子さんら新人議員が初登院しました。

れいわの2人は目立つ存在ですので行く先々に報道陣が殺到しました。

この事態を受けて、午前の参院本会議後に、両議員とともに会見した山本太郎代表は、報道陣に対し「気をつけていただきたい。テレビを見ていると、恐れていた状況が確かにあった」と述べた。「万が一、人工呼吸器が外れたりしたら、かなり危険な状況になる。写真を撮る時間は必ず設けるので、合理的配慮をお願いしたい」と呼びかけました。

 

初登院に当たっては、中央玄関に仮設のスロープが用意され舩後さんと木村さんの両議員は、新設のバリアフリー議席で本会議に出席しました。

本会議場には介助者が付き添い、正副議長選挙の記名投票では、介助者が代筆。起立採決では介助者が挙手という形で初日の国会は終わります。

 

Sponsored Links







木村英子さんの記事まとめ

 

国会議員としての仕事をこなせるかどうかについては様々な意見があると思います。

制度についても同様ですが、障害者が働くことについては今後の課題として議論していくことでになるでしょう。

現在の待遇はあくまで臨時的な処置ですので制度をどう見直していくのかが早急に必要となります。

木村英子さんについての評価は今後の動向次第といえます。

 

せやろがいおじさんが熱く語ってくれていました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。