ニュース

津田大介の経歴や表現の不自由展の中止の理由は?昭和天皇や少女像を使った作品をチェック!

最近、津田大介さんが話題になっています。

津田大介さんが美術監督をした表現の不自由展が中止に追い込まれました。

今回は津田大介さんのことやその周辺で起こった事を調べてみました!

あわせて読みたい
大村秀章愛知県知事の経歴政党や母親息子は?ツイッターやリコールで炎上中?愛知県知事の大村秀章さんが炎上中のようです。 普段、ニュースをあまり見ない私にとって炎上していることも気が付きませんでした。 ...

Sponsored Links







表現の不自由展とは?

表現の不自由展とは日本の中で表現を制限されて皆さんの目に触れなかった作品を出していこうという作品展でしょうか。

なかなかハードなテーマな作品展だと思います。

今回のこの作品展にはいろいろな抗議の電話が殺到したそうです。

 

「表現の不自由展」は、日本における「言論と表現の自由」が脅かされているのではないかという強い危機意識から、組織的検閲や忖度によって表現の機会を奪われてしまった作品を集め、2015年に開催された展覧会。「慰安婦」問題、天皇と戦争、植民地支配、憲法9条、政権批判など、近年公共の文化施設で「タブー」とされがちなテーマの作品が、当時いかにして「排除」されたのか、実際に展示不許可になった理由とともに展示した。今回は、「表現の不自由展」で扱った作品の「その後」に加え、2015年以降、新たに公立美術館などで展示不許可になった作品を、同様に不許可になった理由とともに展示する。

出典 https://aichitriennale.jp/artist/after-freedom-of-expression.html

 

そしてかなり叩かれたのが、この表現の不自由展の美術監督をした津田大介さん。

その中でも結構過激な作品が多かったですね。

 

この昭和天皇が焼かれていく動画。

確かに日本の歴史お重んじる方からすると嫌な気分になるもの。

そしてこの表現の不自由展に反日本的なものに公費を使ったという事に、反感が多かったそうです。

なんでも脅しのものがあって表現の不自由展は中止になったんだとか...。

 

他には少女像までありました。

出店した方々をここから見ることができます。

https://censorship.social/artists/

 

あの高須克弥さんは表現の不自由展の中止には反対のようです。

 

Sponsored Links







津田大介さんとは?

 

生誕1973年11月15日(45歳)日本 東京都北区

教育 早稲田大学社会科学部卒業

職業 大学教員

活動期間 2002年 –

代表経歴 インターネットユーザー協会の設立と運営・マスコミ出演や講演など

肩書き 早稲田大学文学学術院教授(任期付) 大阪経済大学客員教授

受賞 ギャラクシー賞

公式サイト 津田大介公式サイト

 

今回の表現の不自由展の監督になった経緯

2019年には、2010年から3年ごとに開催されているあいちトリエンナーレの芸術監督に選出された。選考は五十嵐太郎、加須屋明子、建畠晢、中井康之、藤川哲、水野みか子、港千尋の7人のメンバーによる芸術監督選考委員会における2回の議論による推薦であった。 しかし「表現の不自由展・その後」と題して、韓国人アーティストの作による慰安婦像に酷似した少女の像や、軍服姿の昭和天皇の御真影をバーナーで燃やし、その灰を土足で積み潰すという過激な反戦表現が収録された映像作品などを展示した事により物議を醸し、わずか3日間で企画展示コーナーそのものが撤去された。

 

 


批判が多かったら表現点を中止にすることは仕方がないのではないでしょう?

日本は表現の自由が認められているので何を表現するのお自由ですが、今回のことは流石に過激すぎたのかなーと思います。

Sponsored Links







津田大介さん、表現の不自由展の記事まとめ

今回の表現の不自由展はちょっと過激すぎたなと思います。

過激な表現に対して過激な抗議がきてしまったのかな...

 

この作品も見ているとちょっと不快な気持になりますが、この不快な気持になりに行くための表現展なのかもしれないです。

この表現展を笑顔で見られる方はなかなかいないと思います。

私が思うに反日の方からするとこのように日本は見えているのかな?と思える機会だったのかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。