芸能

水上颯の彼女A子(20代)の顔画像や名前は?都内の大学はどこなのかや妊娠中絶トラブルとは?

週刊文春で今度は東大王の水上颯(みずかみそう)さんのトラブルが報じられました!

今回もなんと男女の痴情のもつれに関する事なんだそうです。

今回の文春砲の威力も強烈そうですね!

詳細を調べてみました!

あわせて読みたい
髙橋颯の色恋営業彼女Aとのライン画像
髙橋颯の色恋営業の彼女Aや本命の顔画像やラインは?文春砲の自己満でしょ発言でツイッターが炎上で所属事務所を変わった!?髙橋颯さんという方のツイッターがあれています。 原因はファンの女性に色恋営業をかけていたことが原因だそうです。 そし...
あわせて読みたい
琉月さん(るな頑張れる子)の顔画像
琉月(るな頑張れる子)の在籍している店名や住所は?現在の源氏名は不死鳥になっている?高岡由佳さんに刺されたホストさんが店に復活しているらしいです。 良かったですね。 写真で血まみれの姿を見た時はどうなるのかと...

Sponsored Links







水上颯さんへの文春砲とは?

 

水上颯さんへのトラブルは地上のもつれのようです。

内容を見てみると完璧に加害者ですね。

最近テレビに出演することがかなり多くなっているようですから、やはりかっこよく見えますよね!

彼女もそんな中の一人だったようです。

 

 

「生理が来ないことを伝えた途端、彼の態度は急変しました。王子様みたいに優しかった彼の冷たい言動に耐え切れず、一人で堕胎することを決心しました」

大きな目から涙を流しながらそう語るのは、都内有名大学に通うA子さん(20代)だ。彼女は、クイズ番組「東大王」(TBS系)で大人気の東大生・水上颯氏(23)と3年にわたって交際してきた。だが今年5月、非常に不本意なかたちで中絶手術を受け、水上氏との子供を堕胎したばかりだという。

取材班が水上氏のトラブルに関する情報を掴んだのは6月下旬。6月13日発売の「週刊文春」でクイズ番組「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」(日本テレビ系)で活躍する、東大医学部生の河野玄斗氏(23)と女性タレントの中絶問題を報じた、わずか1週間後のことだった。交際相手であるA子さんに取材を申し込むと、A子さんは重い口を開いたのだ。

「私の恋人だったのは『東大王』の水上颯君。『頭脳王』の河野玄斗さんと同じく、東大医学部に通っています」(A子さん)

出典 週刊文春

 

ツイッターのフォロワー数は23万人でかなりタレント性のあると話題の水上颯さん。

収録のある日も彼を見るのが目的な女性ファンもかなり多いようです。

頭も良くてルックスもいいだなんてみんなのあこがれの的ですよね。

 

そんな彼が白馬の女神に見えた20代の彼女Aさん。

水上颯さんから告白されて交際に至ったそうです。

 

当時のラインでのやり取りを暴露されています。

大勢の一人と思っていたのに選ばれると嬉しいですよね。

女性に関してはなれているのでしょうか?

「颯君は本当に優しくて、いつもキュンとする言葉を言ってくれるんです。初デートの映画館で、私が『寝ちゃったらごめんね』と言ったら、『君の綺麗な顔をずっと眺めているよ』と言ってくれたり、『どうして私を彼女に選んだの?』と聞いた時は、『他の子はサラダで、A子ちゃんはメインディッシュだからだよ』なんて言ったり。キザな台詞をさらりと言うんです。男性とちゃんとお付き合いをしたのは颯君が初めてだったのですが、すぐに彼のことが大好きになりました」

出典 週刊文春

 

Sponsored Links







水上颯さんの彼女A子さんとは?

ここで気になるのは水上颯さんの彼女A子さんですよね!

今ある材料で見てみると、

  • 20代
  • 都内の有名な大学に通っている

という事です。

2人が出会ったのは友達を通じてらしいです。

 

「東大の学園祭に行ったとき、颯君がファンに取り囲まれて写真を求められたことがありました。私は遠慮したほうがいいのかなと思って後ろに下がろうとしたら、『そういうのやってないんで。A子ちゃん、行こう!』と私の手をとって、一緒に逃げてくれました。王子様みたいに格好良かった」

出典 週刊文春

 

どこの大学なのか気になるのですが、やはり慶應義塾大学などの優秀な大学なのではないでしょうか?

水上颯さんも彼女に頭の良さをそれなりに求めると思うので、2,3流大学の方と付き合う事は無いと思います。

 

 

水上颯の顔画像

 

 

付き合っていて清い交際をしていたそうですが、避妊をせずに事をしたいという事を言い出すようになったそうです。

まぁ男ならそうなんですかね。

 

生理が来なくなったというのでいい反応だったようですが、時間が経つにつれて反応が全然違うものになったそうです。

 

「性行為のときはいつも『避妊具をつけずにしたい』と言われていたのですが、妊娠するのが怖くてその度に断っていました。その日も途中までは避妊していたのですが、度々求められるのでつい許してしまったんです。最近たくさん会ってくれることが嬉しくて、期待に応えようとしてしまいました」

数週間後、A子さんは生理が遅れていることに気づいた。すぐに水上氏に電話し、「生理がこない」と伝えたという。

「颯君は『1、2週間後にまだこないようだったら検査してみて。赤ちゃんにもよくないからストレスを溜めないようにね』と言ってくれました。親にも友達にも相談できずに悩んでいたのですが、この人だったら大丈夫だと思った。万が一妊娠していたとしても、産みたいと思えるほど優しい言葉でした」

しかし、その電話の後から水上氏の態度が急変した。

「まだ妊娠検査薬で結果がわかる時期ではなかったのですが、颯君と早めに直接話をしておきたくて、何度もメッセージを送りました。でもそのたびに忙しいことを理由に《その日は無理だ》と断られ続けました。不安で不安で仕方ありませんでした」

出典 文春

 

頭脳はよかったのに煩悩には勝てなかったんですね。

 

Sponsored Links







水上颯さんと彼女Aさんは現在ではもう別れている

水上颯さんは彼女A子さんに生理がこなくなってから最初は心配したものの、その後は冷たい態度になっていったそうです。

水上颯さんのライン画面

 

 4月27日、なんとしてでも会わなければいけないと思ったA子さんは、電話で会ってほしいと懇願し、水上氏が1人で暮らす都内のマンションへ向かった。水上氏と会えたのは、彼が飲み会を終えて帰宅した午前0時頃のことだ。

「帰宅するなり、彼はソファでずっとスマホをいじっていました。何を話しかけても上の空で、こちらを見てもくれなかった。そのうえ『仕事があるから』と、大事な話をせずに暗に私を帰そうとしたんです」

出典 週刊文春

 

水上颯さんはもう気持ちは無いと態度で言ったような感じですね。

まぁ若い男女によくある出来事に感じますが、本人はどう感じているのでしょうか?

 そこでA子さんは意を決して、「(こちらを見てくれないのは)私に生理がこないからなの?」と聞いた。

「不安で、声は震えていたと思います。そうしたら『ずっと言いたかったんだけど……楽しくない』と、急に不機嫌な態度になってしまって。数日前に電話口で聞いた優しい声とは全く違う、冷たい声でした」

ショックを受けたA子さんは何も言えず、黙り込んでしまった。2人の間には気まずい時間が流れた。

「それでもいつものように一晩過ごせば優しい颯君に戻るかもしれないと、そう思っていました。でも颯君は『先寝てて』と言ってマンションを出ていってしまった。私はLINEで『朝まででいいから(側に)いて』と引き返してくれるようお願いしました。そうしたら面倒そうに戻ってきて、『タクシー代をあげるから、帰ってくれないか』と冷たく言い返されました」

出典 週刊文春

 

結果、水上颯さんから連絡が来なくなってしまったそうです。

 

ここで堕胎をした時の話もありますがなかなかの内容でした。

 孤独と絶望の中、約1週間後に行った妊娠検査の結果は陽性。A子さんはネット検索をし、一刻も早い中絶が母体への負担を最小に抑えられることを知った。

「彼と相談できていれば、もう少し悩んでから決断したかもしれません。でもあの日の冷たい言動が忘れられなくて。こんなこと誰にも相談できません。親が知ったら、心配で倒れてしまうかもしれない。だから、一人で終わらせることにしました」

A子さんは「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に一人でサインし、堕胎手術を受けた。15万800円の費用は、A子さんが全額負担した。

「何度も『よろこんであげられなくてごめんね』と赤ちゃんに謝りました。全部、私がしっかりしていなかったのが悪いんです。暗闇に放り出されたような恐怖と不安に押しつぶされそうでした」

出典 週刊文春

 

このような事にならないことを願います。

https://appareltenbai.com/2019/05/31/iwamotokazuko-moderu-ninshin-namae-kaogazou/

Sponsored Links







水上颯さんの記事まとめ

 

東大王で人気の水上颯さん。

まさかの彼女とのトラブルが週刊文春に取り上げられましたが、4年ぐらいも付き合っていたのだったらこの際に責任をもって結婚した良かったのにというのが正直な感想。

 

まぁ怖気ついてしまったんだなと世間からはそのようにみられても仕方がないでしょう。

今後の動向が気になります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。