芸能

ジャニー喜多川の少年愛の裁判の内容って何?性的行為の被害者は光GWNJIや少年隊だった?

ジャニー喜多川さんといえばジャニーズ事務所の社長ですね。

最近ではジャニー喜多川さんの後継者に滝沢秀明さんが抜擢されたと話題になりました。

しかしジャニー喜多川さんには黒い噂が昔からあるようです。

そこで、過去にあったとされる少年愛裁判について調べてみました!

あわせて読みたい
ジャニー喜多川の現在の顔画像(写真)や年収と自宅は?家系図やお気に入りは滝沢秀明って本当?数多くのアイドルを輩出し、アイドルが好きじゃなくても知らない人はいないぐらい有名です。 色々と謎に包まれているジャニー喜多川さんに...
あわせて読みたい
木村拓哉の元カノ(かおりん)の現在の写真!キムタクとの馴れ初めから破局、現在の生活を調査!SMAP解散しもテレビの出演が続く木村拓哉さん。現在は、元おニャン子クラブの工藤静香さんと結婚されていますが、木村拓哉さんの元カノの「か...
あわせて読みたい
宇田川晃希(チーズボーイ)の経歴や手越祐也との関係は?バーの経営者だが場所はどこ?NEWSの手越さんがやらかしています。 以前から手越祐也さんは色々とやらかしていますが謹慎等の処分がないのが不思議ですよね...

Sponsored Links







ジャニー喜多川さんの少年愛ってなに?

調べてみたところ、ジャニー喜多川さんには少年しか愛せないという同性愛者であるという噂がありますよね!

ジャニーズのメンバーにボディタッチをはじめ、キスや行為の性的行動を強要していたりしたそうです。

ジャニーズ事務所を設立した当時から少年愛の噂があったため、被害者はかなりの数が予想されそうです。

 

ジャニーズには若い男の子や親が憧れてジャニーさんのもとでレッスンを受けたがりますよね!

何故そんな話が持ち上がってきたのでしょうか?

火のないところには煙は立たないといいますからね。

そしてそのことで過去には裁判沙汰になった事があるようです!

Sponsored Links







ジャニー喜多川さんの少年愛裁判の内容って?

1999年に週刊文春がジャニーズ事務所に関する特集記事を掲載しました!

ジャニー喜多川さんが所属タレントに同性愛の行為を強要していたり、所属している未成年タレントとの喫煙があったことなどを報道したのが少年愛裁判に繋がる始まりだったそうです。

この報道に対し、名誉棄損を訴えたジャニー喜多川さん側は週刊文春側に対し、およそ1億円の損害賠償を請求する民事訴訟を起こしています。

 

その訴訟内容は、無理なスケジュールが原因で学校に通えなくなった、

ジャニーズメンバーの中で関西出身の人は給与などで待遇が違ったという事や、

ファンクラブはチケット購入時に手数料を取られる、などの記事内容だったそうです。

 

一審の判決ではジャニー喜多川さん側が勝訴し、東京地裁は週刊文春側に対して880万円の損害賠償を命じました。

しかし週刊文春側がこの内容を不服として東京高裁に控訴し、二審の判決ではジャニー喜多川さんの少年愛の行為が認定されてしまいました。

一審でのジャニー喜多川さんの勝訴は取り消されてしまい、また損害賠償額が120万円に減額されました。

 

この内容を不服としたジャニー喜多川さん側が最高裁で上告に踏み切りましたが棄却され、週刊文春側が120万円の損害賠償を払うことで収まりました。

ジャニー喜多川さんの少年愛行為の認定が確定したという形になったそうです。

 

またこの裁判は日本のマスコミではあまり報道されなかったことから、ニューヨーク・タイムズ、オブザーバーなどの世界のメディアでも取り上げられたのです。

この裁判の問題をタブーとして報道しない日本のメディアを指摘する事態にまで発展したそうです。

 

調べてみるまでそこまでの事になっているのは知りませんでした。

確かに、ジャニーズタレントの不祥事はあまりマスコミでは取り上げられない事が多いと思います。

ジャニー喜多川さんの力がそれだけ強いということでしょうか。

Sponsored Links







ジャニー喜多川さんの被害者は光GENJI?少年隊?

ジャニー喜多川さんの性的被害に遇っていたと思われるグループは少年隊、忍者(解散している)、光GENJI(解散している)、SMAP(解散している)、TOKIOなどで、どのグループもジャニーズジュニア時代に被害に遇ったといわれているそうです。

中にはこの少年愛の実態を暴露した書籍を出版して、自分は被害者だと名乗り出た人もいます。

 

① 平本淳也(元ジャニーズジュニア)

「ジャニーズのすべて―少年愛の館」 1996年出版

② 北公次(元フォーリーブス)

「光GENJIへ」シリーズ 1988年出版

③ 小谷純、やなせかおる(元ジューク・ボックス)

「さらば!!光GENJIへ」 1989年出版

④ 豊川誕

「ひとりぼっちの旅立ち-元ジャニーズ・アイドル豊川誕半世紀」 1997年出版

⑤ 木山将吾(元光GENJI)

「SMAPへ-そして、すべてのジャニーズタレントへ」 2005年出版

 

北公次さんの書籍が、被害者の立場で最初に告発した一冊ともいわれているそうです。

木山将吾さんは光GENJIへの加入も決まり、ポスター撮影にも参加していた幻のメンバーといわれていました。

ですが、ジャニー喜多川さんに気に入られてデビューまであと少しだった時、注射の洗礼があるといわれ、それを受け入れきれずそのまま退所してしまったそうです。

この注射の洗礼は、デビューが決まったタレントに何の薬か知らせないまま強制的に注射をうっていたというものらしいです。

 

昔はジャニー喜多川さんの洗礼を受けないとデビューできないという噂もあったらしく、被害に遇った可能性は高いと思われます。

他にも初期に所属していた元ジャニーズのアイドルの方たちもその後暴露本を出版しています。

ジャニーズ事務所の原点ともいえる野球チームから発足した「ジャニーズ」のメンバーの中谷良さん。

書籍「ジャニーズの逆襲」では、最初に被害を受けたのはまだ野球チームの一員だった11歳の頃であった事や中谷良さん(少年)がジャニー喜多川さんの家に1人で遊びにいったときに被害を受けたことなどを綴っています。

また新芸能学院というタレント養成所に通っていたそうで、そこの学院長がジャニー喜多川さんの行為を知ったのが、ジャニーズのメンバーのあおい輝彦さんが訴えてきたことがきっかけだったといいます。

しかし裁判でジャニーズのメンバーの4人は覚えていませんなどと答えたことで、その後ジャニー喜多川さんの行為の被害者を何人も増やすことになってしまったため、ジャニーズのグループ解散後1989年に出版した書籍でも中谷良さんは責任を感じ苦悩し続けている事を明かしています。

Sponsored Links







ジャニー喜多川さんの噂の記事まとめ

今回の記事は実際に裁判になっているという事もあるので、個人的には信憑性が高いのでは!?と思っています。

ジャニーズにそのようなことがあるだなんて信じられないですね。

最近のスマップに顔さんに関してはジャニー喜多川さんの妹のメリー喜多川が絡んでいるといわれていますが、その方も気になりますよね!

 

今回のことに関しては、これだけの情報から本当にあった事だとは思いますが、今は何もないことを願うばかりです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。