ニュース

住宅型有料老人ホーム「風の舞」の施設長の顔画像は?

加護島県の鹿屋市にある住宅型の有料老人ホームで、利用者が相次いで亡くなったという事件が起きているそうです。

先月以降に6人も亡くなったそうです。

6人って多いですね、確かにかなりの問題になると思います。

今回は施設長や施設の場所を調べてみました!

 

 

Sponsored Links







住宅型有料老人ホーム「風の舞」の施設長は?

調べてみましたが、職員の不足が原因のようです。

ヘルパーが9月までに8人もやめてしまって、夜間は施設長が1人で対応することが多かったらしいです。

介護施設の夜勤を1人で回すって相当しんどいですよね...。

施設長も役職から、年齢も高齢の方が比較的多いですよね。

もし施設長が高齢な方ならかなりしんどいと思います。

 

今現在では顔画像などは出回っていないようです。

21日の午後に施設長が説明を行う予定となっているそうです。

Sponsored Links







住宅型有料老人ホーム「風の舞」の場所は?

地図で見てみるとかなり山奥のようですね。

このような環境であれば高齢の方は生活するのが困難でしょう。

人口も過疎化してしまっていたら、職員も集まらないですし、大変だと思います。


亡くなった方の死因を見てみると、2人が老衰、腎不全や誤嚥による窒息です。

施設長1人で見ている間に事が起きてしまったのもあるかもしれません。

Sponsored Links







住宅型有料老人ホーム「風の舞」の職員が大量退職

9月までに職員が8人もやめてしまったそうです。

施設に不満があったのでしょうか?

21日現在の入居者は21人。

夜勤1人だと21人をずっと見るのはとても無理な人数だと思います。

このままだと被害者がもっと多くなるかもしれないです。

Sponsored Links







住宅型有料老人ホーム「風の舞」に記事まとめ

今回の事故は、夜勤を1人でこなしてしまったのが原因だと思います。

それが原因でない可能性もありますが...。

午後に施設長の説明があるので、その説明を待ちたいと思います。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。