jhgbksdfjbopgidajg
ニュース

岸田森の経歴や死因葬儀の秘話とは?かつら疑惑と前妻が樹木希林!身長やタモリとの関係も!

あの知らない人はいないというぐら有名な女優の樹木希林さんが15日に亡くなられました。

 

16日に通夜が行われ、木村拓哉、工藤静香夫婦、和田アキ子、リリーフランキーが樹木希林さんの自宅を訪れました。

 

葬儀は9月30日に東京都港区南麻布の光林寺で行われるそうです。

この十数年間、樹木希林さんは全身にガンを患っており闘病生活をしていました。

 

そんな樹木希林さんは離婚歴があるそうです。

4年間ではありますが岸田森(きしだしん)さんと結婚していました。

 

今回は岸田森さんについて調べてみました。

 

不死蝶岸田森 (ワイズ出版映画文庫) [ 小幡貴一 ]

【中古】 DVDウルトラマンA Vol.8 /高峰圭二,星光子,沖田駿一,岸田森(ナレーター) 【中古】afb

【中古】 俺たちは天使だ!Vol.3 /沖雅也,多岐川裕美,渡辺篤史,柴田恭兵,神田正輝,岸田森,緑魔子,宇佐美淳 【中古】afb

 

数々の映画、ドラマ、CMで活躍した女優樹木希林(きき・きりん)さん(本名・内田啓子=うちだ・けいこ)が15日に都内の自宅で亡くなったことが16日、分かった。75歳だった。最期は家族に看取られながら息を引き取った。

5年前に全身のがんであることを明かし、先月13日には左大腿(だいたい)骨を骨折し入院中だった。夫はロックミュージシャン内田裕也(78)、長女内田也哉子(42)の夫は俳優本木雅弘(52)。

出典 http://news.livedoor.com/article/detail/15314729/

 

小谷翔馬(奈良県無免許バイク事故)の顔画像や学校は添上高校!?後輩が追悼ツイート!

東海精機の磐田工場で部下に暴行する(パワハラ)社員の名前と顔画像は?パンチやキックしている?

漫画村の代わりに進撃の巨人のコミックを無料で読めるサイトは?

 

Sponsored Links

 

 

岸田伸さんの経歴プロフィールは?

 

岸田 森(きしだ しん、)は、43歳という若くして亡くなった、日本の俳優、声優、劇作家、演出家です。

出典 http://wonderful46.com/kishidashin-4407.html

 

  • 本名 岸田 森
  • 別名義 朱川 審(あけかわしん)
  • 生年月日 1939年10月17日
  • 身長 169㎝
  • 没年月日 1982年12月28日(43歳没)
  • 出生地日本 東京府東京市杉並区(現・東京都杉並区)
  • 血液型 AB型
  • 職業 俳優・声優
  • ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ・吹き替え
  • 活動期間 1962年 – 1982年
  • 活動内容 1962年:文学座入団
  • 1966年:文学座退団
  • 配偶者 樹木希林(1964年 – 1968年)
  • 著名な家族
    岸田國士(伯父)
    岸田衿子(従姉)
    岸田今日子(従姉)

 

樹木希林さんは前夫はロッカーではなくダンディーな方と結婚されていたんですね。

内田裕也さんとは全然雰囲気違いますが、岸田森さんとの離婚原因が気になります。

 

元々の馴れ初めが劇団が同期で「文学座」で一緒でした。

離婚原因はどうやら嫁姑問題だったようです。

 

いつの世にも嫁姑問題はあるんですね。

 

岸田森さんはその後、再婚しますが、離婚して女優の三田和代さんと交際しているときに亡くなられました。

籍は入れていませんでしたが、三田和代さんはお葬式の時は内縁の妻として葬儀に出席しました。

 

1939年(昭和14年)、東京市杉並区阿佐ヶ谷(現・東京都杉並区阿佐谷)にある河北総合病院にて岸田国士の弟・岸田虎二とその妻・真理子の子として誕生する。5歳頃まで中野区本町通りに住んでいた。

1944年(昭和19年)、5歳。疎開先の箱根町立湯本小学校へ入学。

1947年(昭和22年)、8歳。帰京し、千代田区の九段小学校へ転校する。九段小学校の同級生に大空真弓がいた。麹町中学校から海城高等学校を卒業。麹町中学校の同級生に衆議院議員の加藤紘一、海城高校の1年後輩にはフリーアナウンサーの徳光和夫がいた。

この小学3年生のころから、蝶の収集を始める。

1958年(昭和33年)、19歳。一浪後法政大学英文科へ入学するが、2年生の時に俳優の道を志し、中退したという。

1960年(昭和35年)、21歳。文学座附属演劇研究所に研究生として入団。研究発表会のような内輪の演劇ばかりで、「年間収入が2〜3万円という暮らしが5〜6年続いた」と語っている。

1964年(昭和39年)、25歳。同期である女優・悠木千帆(後の樹木希林)と結婚する。

1965年(昭和40年)、26歳。文学座座員に昇格。

1966年(昭和41年)、27歳。年頭に退団。悠木、村松克己、草野大悟らと劇団「六月劇場」を結成し、以降は主に映画・テレビに活躍の舞台を移す。

同年の『氷点』(NET)が本格的なテレビ初出演と本人は語る。

1968年(昭和43年)、29歳。悠木(樹木)と離婚後、バーのマダムと再婚するが再び離婚。その後は女優・三田和代と交際関係にあった。『怪奇大作戦』(TBS)が、円谷プロとの初仕事となる。この作品への出演が自身の芝居の一大転機になったと語り、以後「僕は円谷育ち」と公言している。

1971年(昭和46年)、32歳。東宝映画『呪いの館 血を吸う眼』(山本迪夫監督)で吸血鬼を演じ、和製ドラキュラとの評価を得る。この東宝『血を吸う』シリーズは代表作となった。『帰ってきたウルトラマン』では主人公の師で兄代わりでもある坂田健役を好演した。

1973年(昭和48年)、34歳。円谷プロのテレビ特撮『ファイヤーマン』(日本テレビ)に出演。脚本を手がけた第12話では、部分演出も行う。また、スケジュールの合間を縫って、たびたびアジア方面へ蝶の採集に向かう。この年、和製ドラキュラの草分けともいえる天知茂と、天知主演のテレビ時代劇『無宿侍』(フジテレビ)第6話において兄弟役で共演している。

1977年(昭和52年)、38歳。『歌麿 夢と知りせば』(太陽社)に主演。生涯唯一の一枚トップクレジットで遇された映画、しかも映画主演経験を持つスターが十人以上も居並ぶ大作であり、カンヌ映画祭でも上映され話題を集めた。当作をはじめとして、円谷プロ以来のつきあいである実相寺昭雄監督は、後述の岡本喜八監督がバイプレイヤー、敵役としての魅力を引き出し続けた(『座頭市と用心棒』で勝・三船に対抗する第三の剣豪役を振るなど、思い切った厚遇も多い)のに対し、ドラマ全体を支える役をあてることが多く、岸田にとってともに甲乙つけがたい名伯楽であった。

1980年(昭和55年)、41歳。テレビ公共広告の演出を手がけ、これと前後して、テレビコマーシャル分野で演出家としても腕をふるう。「エスビー食品」など水谷豊の主演するCFについては、「演出補助」と肩書きされるが、本人は「あれはすべて僕が演出しました」とコメントしている。

出典 Wikipedia

 

 

岸田さんの葬儀

 

岸田森さんの葬儀は生中継されました。

葬儀には勝新太郎さん、水谷豊さん、松田優作さん、萩原健一さん、若山富三郎さんが集まりました。

 

亡くなったのは1982年で死因は食道がんでした。

 

食道がんになったのはお酒とたばこが好きだったのが原因だったようです。

 

葬儀の際には、若山富三郎さんが「こんな事になるんだったら、お前を殴ってでも絶交してでも酒を辞めさせるべきだった。」とコメントしました。

 

葬儀では内妻の三田和代さんが遺影を持ってあいさつしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

岸田森さんに関する話

 

  • 岸田伸さんの趣味は蝶の採集、スコッチやウィスキーの収集、油絵、ゴルフ、野球、シナリオ、ジャズ鑑賞と多い。
  • 特技は剣道(三段)
  • 岡本喜八実相寺昭雄神代辰巳西村潔工藤栄一などの監督作品が好きだった。
  • 勝新太郎が主宰した「勝アカデミー」の講師を務め、教え子には小堺一機、ルー大柴がいた。
  • 六本木でバーを経営していた。
  • プライベートの生活ではさみしがりやな一面があった。
  • 大のお酒好きで、牛肉が嫌いだった。
  • 朱川審の名前でウルトラマンの脚本を何回か作ったことがある。
  • 趣味の蝶の採集が高じて東南アジアまで採集旅行に行ったことがある。(自宅には2000匹の蝶の標本があった)
  • 1982年に出演した「可愛い悪魔」ではがんにより声が出なかったが、喋ることができない役に変更して演出した。
  • 『可愛い悪魔』(1982年)では、ガンにより声が出なくなっていたが、しゃべることのできない役に変更してまでも出演している
  • 役作りで坊主にしたことがあり、髪の毛が生えるまではかつらを着用していたのではげていたわけではない。
  • タモリとの関係はないがサングラスをかけた姿がタモリに似ているといわれていた。

 

 

 

Sponsored Links

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。