ニュース

澤谷廣典氏(山根明の元側近)の経歴や前科者の噂の真相は?近畿大学で暴行した事が!?

山根明会長を訴えた澤谷廣典さんですが、山根明会長も負けじとちょこちょことですが反撃しています!

山根明の妹(かわうちかおる)の顔画像は?出身は元会長と同じで韓国人(在日同胞)?

内海祥子常務理事の音声テープとは?山根明会長を切って吉森照夫副会長に乗り換えようとしていた?

奈良判定の試合をした選手の顔画像や名前は?動画を見て岩手が勝ちにするべきと村田諒太が言及!?

 

 だいたい、僕のヤクザ関係ばかり批判されて大悪人にされてますけど、告発者側の裏にいる人物もヤクザと深い関わりを持っていますよ。澤谷廣典(ひろのり)いう男で、去年まで近畿大学ボクシング部の総監督を務めとったんですが、コーチを相手に暴力事件を起こしたんで僕が辞めさせました。それで逆恨みして今回の告発の絵図を描いとるんです。この男は山健組の傘下組織の組員みたいなもんで、指はないし、刺青も入っとる。2006年には金銭トラブルの相手を監禁したとして逮捕されていますよ。

〈当の澤谷氏に事実関係を確認したところ、山健組の傘下組織に出入りしていたこと、小指が欠損していること、「タトゥー程度」の刺青があること、そして、監禁事件で逮捕された事実とコーチへの暴力行為も認めた。

 告発する側とされる側が互いの過去を暴露し合う――。今回の騒動には権力闘争の側面も透けて見えるのだ。〉

 僕はメディアの取材受ける時に言ってるんです。あんたらおかしいんちゃうか、と。澤谷みたいな前科モンが裏で糸引いとるグループの主張をなんで垂れ流すんや、と。彼らは何としてでも僕を追い出したいんでしょうけど、それは10年、100年かかってもできません。私は会長を辞めるつもりは一切ない。悪いこと何もしてませんから。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00547154-shincho-fight&p=4

 

 

Sponsored Links







 

澤谷廣典さんの経歴は?

 

山根明会長の元側近と言われている澤谷廣典さんの経歴です。

名前 澤谷廣典

出身校 近畿大学

出身高校 兵庫県立明石高校

住まい 大阪府大阪市

出身 兵庫県神戸市

年齢 55歳

 

澤谷廣典さんは元々が近畿大学のボクシング部の総監督でした。

ですが、2017年にボクシング部総監督を辞任。

そのきっかけになったのが山根明会長の孫娘の婿の起こした暴行事件です。

山根明会長の経歴や孫と息子の顔画像は?日本大学(日大)とのつながりや文春との確執とは?

 

澤谷廣典さんは暴行事件を起こした事があるようです。

その事件が近畿大学でコーチも頬をハタいたというものでした。

まぁ、暴力をした側とされた側だとしたら意見の違いはあると思います。

 

澤谷「今、アマの選手はヒーローインタビューする時には、猫も杓子も『山根会長のおかげです』と言います。これ言わないやつは全部チェックしてますからね。

近畿大学が、二年前入れ替え戦に勝ってマスコミは、テレビも新聞も山盛り来てくれてました。あくる日、どの新聞見ても『近畿大学7年ぶり復帰。赤井男泣き。』とダーっと出たわけです。で、我々もコメント出してたんですが、そこに『山根会長のおかげです』と言う言葉がないから、エラい私に怒って来たんです。そういうことを露骨にトップが要求してくることは『情けないな』と思ったんですけど、私は父親もおりませんので山根会長との関係は『オヤジと息子』やという気持ちもあったし、(山根会長に)いいところも勿論あるし、我慢して尽くしていかなアカンと。ただそれもあくまで、近畿大学のため、近畿大学ありきですよ。選手を世界の舞台に送ってもらうには山根会長の力も必要や、と。そういうことで私も我慢に我慢を重ねてきた。

今回の話でも、事件にもならんような私のことを拾ってきて『暴行やから処分する』『事件や!』『事件や!』というけど、何が事件やと。」

 『ボクシングビート』誌が2017年7月号で報じた、当時総監督だった澤谷氏による『コーチ暴行事件』が氏の総監督辞任の直接の引金となりました。その顛末は澤谷氏によると以下の様なものでした。暴行事件があったのは今年の3月18日のことです。

澤谷「当時はボクシング部が、新しい寮に引越す費用の700万円の金策のさなかでした。道場で仕事をしてたら、そこにコーチのAがやって来て『日連のコーチ登録費3万円がないんで、出してくれないか』と言うて来たんです。私は金策で頭が痛い状態で、というかこの二日後に脳梗塞で倒れたわけで、実際に頭が物凄く痛くて体調は最悪でした。そんなときにわずかな金額の話を言ってきたので『おまえそれぐらい自分でちゃんとせい』と言うたら、Aは『ほんなら辞めますわ』と言い返して来たんです。

私は最初は『ほんなら辞めんかい』と言って無視してたんですけど、段々頭にきて、Aに詰め寄って足を蹴り上げて、そのあと道場ではアカンと思って場所を変えて、『お前カネ、カネ言いやがって、ええ加減せいよ!』言うて平手打ちもしたんです。」

 暴行があったのは事実でした。そのことは澤谷氏も認めています。どのような事情があったにせよ、やってはならないことです。

 その二日後、澤谷氏は旅先の岐阜で脳梗塞を発症し、死線をさまよいます。岐阜の救急病院で意識が戻った後、澤谷氏は見舞いに来たボクシング部の関係者からAコーチが引き続き練習指導に来ている事を聞かされて安堵します。

澤谷「Aは大学時代の後輩の弟で、その後輩から『Aのことを頼むで』と言われてきたような関係です。コーチ業以外の昼間の仕事の身元引受人も私がなっています。今までコーチ業に関わる経費もほとんど私が負担してきました。ずっと面倒見てきた人間が甘えたことを言ってきたから、パチンとやってしまったわけです。」

 『パチンとやった』という表現が、適切かどうかは暴行を受けた当人の捕らえ方とは違うかもしれませんが、澤谷氏にとっての認識はそのようなものでした。脳梗塞発症から10日後の3月29日、大阪の病院に転院した澤谷氏のもとに、後にセクハラ・パワハラ事件で諭旨解雇となる鈴木康弘監督がAコーチを伴って現れ、そこで話が出来たことで澤谷氏はAコーチとは『和解が出来たものと思っていた』そうです。

ところが、それから一ヶ月以上経過した5月上旬になって、澤谷氏は突然近畿大学の理事から「A氏への暴行事件について聴取したいから来てください」という呼び出しを受けます。その際の理事との面談で、Aコーチが事件直後に診断書をとっていたことを知らされ、澤谷氏は「とっくに和解したはずなのに、なぜ?」と驚いたそうです。澤谷氏は自らの暴行の事実は認めて、すでに当事者と和解したことを説明し総監督に留任しますが、氏の脳梗塞発症に乗じて発生した近大ボクシングの内部抗争は一気に顕在化します。

出典 http://boxing2012.blog.fc2.com/blog-entry-580.html

 

このAと言われるのが米谷貴裕という人物らしいです。

その事件に関してボクシング連盟のホームページで声明が出ています。

ちょっと長いですが...。

 

澤谷氏は総監督委託を受けたものの、ボクシング経験はおろかボクシング指導や連盟運営の実情に疎いためか、選手のスカウトにあたり、強引に過ぎるとして、ここ数年他大学監督から顰蹙(ひんしゅく)を買っていました。
その澤谷氏は本年3月18日午前、近畿大学ボクシング部道場内で金銭問題を原因としてコーチの米田貴裕(たかゆき)氏の言動に対し激昂し、練習中の選手達の見ている中で同人に対して、殴る蹴るの暴行を加えました。
米田氏の父親がこのことを近畿大学ボクシング部OB会 岩本会長に対し訴え出たことにより、その後日本連盟は本年7月頃、上記事件を知りました。
日本スポーツ界においてパワハラを含む暴力は厳に慎むべきものとして、各スポーツ競技団体はJOC及び日本体育協会から厳しく指導を受けています。
そこで日本連盟は7月初め、急遽緊急執行部会を開催し、米田氏から事情を聴取し事件の内容を把握しました。
米田氏からは、澤谷氏とはその後話ができている、との説明はありましたが、この暴力事件は、近畿大学ボクシング練習場の練習中のしかも部員の面前での暴行であることに鑑み、いずれJOC及び日本体育協会はもちろん、社会の批判を受けることは目に見えていました。日本連盟としては、この件はボクシングの強豪大学である近畿大学のボクシング部としての活動の中での暴行事件であること、以前も選手が恐喝事件により刑事処分を受け廃部となった経歴があること、しかし、日本連盟としては選手達が懸命にボクシング練習に励んでいることは承知しているので、選手に影響を及ぼすようなことは何としても避けたいと考えたこと、これらを総合的に考慮し、澤谷氏を除名処分とすることは避けられないものの、澤谷氏が自発的に総監督を辞任すれば社会的制裁を受けたと評価できるものと考え、本人が総監督を辞任した際には日本連盟による除名処分は公表しないものとする、という方法を考えました。
その上で、山根会長が近畿大学の中島茂スポーツ振興担当理事と面談し、この旨説得したものです。その後、澤谷氏は約束通り総監督を辞任しました。
ところが、澤谷氏は自己が辞任に追い込まれたのは日本連盟及び山根会長のためであると自分勝手な推測をし、その逆恨みから以後マスコミに対し、あるいは自身のSNSを通じ自己の知人らに山根会長の誹謗中傷や虚偽情報を発信するようになったのです。
澤谷氏は「(会長のみならず)連盟執行部の者達には例えどんな破廉恥なことであっても、例えどんな非社会的手段を使ってでも全員一人も残らず道連れにして終止符を打たせます」と公言して憚りません。非社会的手段とは、反社会的勢力も含みます。澤谷氏は自分の責任を反省し顧みることなく、単なる逆恨み感情から、このようなことを公言する人物なのです。

出典 http://jabf0.blog.fc2.com/blog-entry-1178.html

 

この声明の中では殴る蹴るの暴行となっています。

双方の主張が異なっていますねぇ...。

 

この動画にも澤谷廣典さん?の暴力があるといってYouTubeにアップされています。

 

 

1分4秒のところに澤谷廣典さんと思われる人物がけりを入れているのが分かります。

澤谷廣典さんなのかは鮮明ではありませんが...。

 

山根明会長はこの事件の事で澤谷廣典さんに前科者と言っているのでしょうか?

澤谷廣典は前科者で健心会のヤクザだった?SNSやフェイスブック(facebook)も調査!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。