ニュース

終戦記念日(8月15日)の黙祷時間はいつで方角はどこ?半旗の挙げ方や意味とはなに?

8月15日は終戦記念日です。

戦争で亡くなった方を偲び、地球から戦争が無くなればいいですね...。

終戦記念日はいつで今年で何年目?式典(全国戦没者追悼式)の時間はいつで場所はどこ?

 

こちらより中継で視聴できます。

 

 

 終戦記念日の黙祷時間は?

 

8月15日の黙祷時間は正午で、黙祷時間は1分間です。

方角は靖国神社の方向です。

なので私は四国に住んでいるので東に向かって黙祷します。

 

 

 

Sponsored Links







半旗とは?

 

 

半旗(はんき、英語: Half-staff, Half-mast)とは、弔意を表すために旗竿の最上位より下に掲げた旗のことである。

かつて船上においては、国旗に喪章を付けて弔意を示す弔旗という慣習があった。しかし、洋上では視認しにくいことから、国旗を半下する方法に変化したものである。現在は洋上に限らず実施されており、弔意を示すためには原則として半旗を掲げ、半旗の掲揚ができない場合は弔旗とするのが一般的である。

出典 wikipedia

 

陛下は今年で最後です

 

天皇陛下は皇太子時代、終戦の日に加え、日本人が忘れてはならない四つの日として、沖縄戦終結の日(6月23日)と広島、長崎の原爆の日を挙げ、毎年黙とうをささげられてきた。

 被爆地や沖縄からは、平和を願ってきた両陛下への感謝と、次代への継承を求める声が上がった。

 2014年6月、学童疎開船「対馬丸」の犠牲者慰霊のため沖縄を訪れた両陛下を案内した対馬丸記念会理事長の高良政勝さん(78)は、毎年戦没者追悼式に出席する天皇陛下の姿を見て、沖縄に大きな犠牲を強いてしまったという深い思いを感じていた。「(最後の参列で)非常に寂しい思いはあるが、長い間お務めを果たしていただきありがたい」。来年新天皇、新皇后となる皇太子ご夫妻には「今の天皇陛下のお気持ちを100%受け継いでほしい。即位後は早い時期にぜひ沖縄においでいただきたい」と願った。

 両陛下は戦後50年の節目を迎えた1995年夏、長崎、広島、沖縄、東京都慰霊堂を巡る「慰霊の旅」を行った。このとき、両陛下に被爆体験を伝えた長崎原爆遺族会顧問の下平作江さん(83)は「戦争を十分にご存じで、二度と起こらないように努力されたと思う。被爆の実相をしっかり受け止めていただき、感謝している」と話した。皇太子ご夫妻には「過去をしっかり知り、核兵器廃絶の声を世界に発信してほしい」と求めた。

 14年12月に両陛下が訪れた広島市の原爆養護ホーム「矢野おりづる園」。施設長代行の村田伸夫さん(68)は被爆者の施設長と共に、両陛下が入居する10人の被爆者に声を掛ける様子を間近で見守った。「一人一人丁寧にお話しされ、心の底から国民を思っていると感じた」と振り返り、「長年よく頑張ってこられた。この先はお二人の人生や健康を考えて和やかに歩んでいってほしい」と語った。

 皇太子ご夫妻には「今の両陛下のように、国民のための皇室を維持してほしい」と期待した。 

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000005-jij-soci

 

菅官房長官も黙祷を呼び掛けています。

 

菅義偉官房長官は、終戦記念日の15日に開催する全国戦没者追悼式に当たり、14日付で「戦禍に倒れた戦没者の方々の尊い犠牲に思いを致し、恒久平和の確立への誓いを新たにしようとするものだ」との談話を発表した。

 15日正午に戦没者をしのび、「心から黙とうをささげられるよう切望する」と呼び掛けた。 

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000007-jij-pol

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。