jhgbksdfjbopgidajg
ニュース

平成30年(2018)8月6日広島(原爆の日)の黙祷のやり方や時間はいつ?

Sponsored Links

8月6日の原爆の日がやってきます。

今回は黙祷の時間や、やり方を調べました。

平成30年(2018)8月6日広島の平和記念式典の場所はどこ?時間やアクセスも調査!

Sponsored Links







 

Sponsored Links







 

 

黙祷の時間ややり方は?

 

原爆が投下された午前8時15分に平和の鐘やサイレンを鳴らし、式典会場のみならず、家庭、職場で原爆死没者の冥福と恒久平和の実現を祈り(市内を走行中のバスや広島電鉄の車両もこの時間には停車し、乗客も黙祷を行う)、1分間の黙祷を行ったあと、広島市長が平和宣言、子供による平和への誓いを行うのが通例である。

出典 wikipedia

 

やり方は特にありません。

1分間目を瞑り、亡くなった方を偲びましょう。

広島に原爆が落ちた理由は?

 

▽急がれた原爆投下▽
1943(昭和18)年5月、アメリカが原爆投下の対象に想定していたのはドイツではなく日本でした。翌年9月、アメリカとイギリスの首脳は日本への原爆使用を合意しました。米国が原爆投下を急いだ理由は、次の3点にあると思われます。
・日本をできる限り早く降伏させ、米軍の犠牲を少なくしたかった
・1945(昭和20)年の米、英、ソ連の首脳によるヤルタ会談で、ソ連はドイツの降伏から3カ月以内に日本に参戦することを極秘に決めていた。米国はソ連の対日参戦より前 に原爆を日本に投下し、大戦後世界でソ連より優位に立ちたいと考えていた
・アメリカは原爆という新兵器を実戦で使い、その威力を知りたかったと同時に、膨大な費用を使った原爆開発を国内向けに正当化したかった

Sponsored Links

▽広島が原爆投下目標に選ばれた理由▽
1945(昭和20)年春から、アメリカは投下目標都市の検討を始めました。投下目標は、原爆の効果を正確に測定できるよう、直径3マイル(約4.8km)以上の市街地を持つ都市の中から選び、空襲を禁止しました。7月25日には目標都市の広島、小倉、新潟、長崎のいずれかに対する投下命令を下しました。広島を第1目標とする命令を出したのは、8月2日。それは目標都市の中で唯一、連合国軍の捕虜収容所がないと思っていたためです。
また、終戦までに日本の主要都市は米軍の空襲でほとんど壊滅状態でした。そのなかで、広島はまだ決定的な被害を受けていませんでした。広島が原爆投下の目標に選ばれた理由には、次の2点も考えられます。
・都市の大きさや山に囲まれた地形が、原爆の破壊力を探るのに適していたため。広島はまだ空襲を受けておらず、原爆の威力を確認しやすかった
・広島には軍隊、軍事施設、軍需工場が集中しており、それらがまだ破壊されずに残っていた。8月6日、広島の天気は晴れ。広島の運命は決まりました。

出典 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1128084261

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。