ニュース

山根明会長(ボクシング)は韓国人(在日同胞)で釜山に母親と兄弟がいた!家族の顔画像は?

山根明会長が世間を騒がせていますがなんと韓国人だったという話があります!

このニュースは日本の一部の人にとっては衝撃(?)ですね!

山根明会長の韓国名は文甲明というらしいです。

韓国の方は名前が左右対称な字を好むという話があります。

例えば「金」とかでしょうか。

山根会長の名前にも「文」と「甲」という左右対称な字が入っていますね。

それでは詳しい話を見ていきましょう!

文甲明(ボクシング)の読み方は?山根明会長の経歴は帰化した韓国人だった!?

山根昌守の経歴や顔画像は?批判されたりバカ息子と呼ばれている?娘についても調査!

山根明会長(ボクシング)の奈良判定の映像や内容とは?試合での勝敗は八百長が横行していた?

山根明会長の経歴や孫と息子の顔画像は?日本大学(日大)とのつながりや文春との確執とは?

 

あわせて読みたい
押尾学事件の真相の相関図やホステスの田中香織との関係は?森喜朗の息子の祐喜も絡んでてヤバイ!?押尾学さんは女優の矢田亜希子さんの元旦那さんで、今現在は再婚されて息子さんもいて幸せな生活を送っています。 事件後は芸能界でないと...
あわせて読みたい
高嶋政伸の元嫁の美元(みおん)の現在は?離婚理由や喧嘩した時の音声がスゴイ!?芸能一家に生まれた俳優の高島政伸さん。 兄に同じく俳優の髙嶋政宏さん、従妹にヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんがいます。 お兄...
あわせて読みたい
高嶋政宏の病気の噂やひげが凄い画像は?インスタグラムはラーメンばっかりでヤバイ!? 高嶋政宏さん、最近数々の作品やバラエティ番組などに出演されていてご活躍されています。 少し個性的で変人っぷりも見せている高...
あわせて読みたい
高嶋弘之(高嶋ちさ子の父親)の経歴や血液型は?ビートルズをプロデュースした敏腕だった!?最近テレビでよく見かける高嶋ちさ子さん。 今回はそんな高嶋ちさ子さんを育てた父親、高嶋弘之さんについて調べてみたいと思います。 ...
あわせて読みたい
高嶋ちさ子の子供や旦那(盛田賢司)の職業や顔画像は?家族の姉や母親についても調査!最近よくテレビで拝見する高嶋ちさ子さん。 毒舌で強烈なキャラクターに見えますよね。 高嶋ちさ子さんはもちろん結婚されていますが、旦那...
あわせて読みたい
柏木由紀のすっぴん写真がブサイクなくせにと言われる?鼻筋が小さくなって変わった噂を調査!柏木由紀さんといえばAKB48の1人ですね。 総選挙などでは毎回上位を取っておられるので凄いなと思います。 しかもアイドル活...
あわせて読みたい
小嶋陽菜の顔画像
小嶋陽菜の枕営業の証拠とは?整形して顔が変わって水着姿が下腹部ぽっこり!?小嶋陽菜さんといえば元AKB48の一人で今現在は雑誌やテレビなどで様々な分野で活動されています。 アイドルの頃の方がよく音楽番組や...

 

Sponsored Links







 

山根明会長は韓国人だった!

山根明会長の経歴がはっきりしない理由がはっきりしましたね
父親は文鳳基
母親は蘇斗理
弟は文伸穂
という家族構成のようです。

 

韓国系の山根明(56)が日本ボクシングを動かしている

 

カザフスタンやウスベクスタンなど旧ソ連5か国で韓国系のコーチングスタッフや選手たちが第12回アジア競技大会に出場し、話題になっているが、該当国の競技連盟の意志決定に深く参加している韓国人は山根が唯一だ。

 

韓国名が文甲明である山根氏は、広島市中区スポーツセンターで開催中のボクシング競技運営本部長だ。

 

日本ボクシング連盟(JABF)賞罰委員長であり、近畿連盟会長でもある彼は、ボクシング界において、川島五郎連盟専務とともに日本ボクシンゲ界をリードする二大山脈を形成している。

 

去る1月に賞罰委員長に就任した彼は、今回のアジア競技大会の競技全般を総括する“実力者”。

 

日本連盟も彼の比重を認め、来る11月に北京で開催される国際アマボクシング連盟(AIBA)総会に執行委員候補として推薦している。(略)

 

今日彼がいるまでのほとんどすべての在日同胞がそうだったように順調ではなかった。

 

今は大阪で自動車ディーラー会社である(株)アティックオートを経営する実業家に成長した彼は、解放後(第二次大戦終戦後)に祖国に戻り三千浦国校(?)を卒業し、再び大阪に戻ったが、当時の時代状況により学校の入り口にも行くことができないまま、あらゆる風霜をすべて経験しなければならなかった

 

早くにボクシングに目を開いて平和クラブを運営した父親の文鳳基氏(80)の強権で15歳の時にウエイトリフティングからボクシングに転向(?)した山根氏は、3年後から近畿地方体育館を巡礼するほど名声を博したことが、スポーツ界の大物に成長した決定的な契機だ。

 

“朝鮮人”の蔑視の中で涙を流した彼は、今でも当時を回想するたびに目頭が熱くなる。

 

生き残るために“命をかけた喧嘩をしながら”勝ち取っただけに、今後出てくる“第2の山根”ができるように基礎になるならば今死んでも良いと、この半世紀を簡潔に圧縮する。

 

しかし、彼は釜山に住んでおられる老母蘇斗理氏(74)と弟の文伸穂氏(釜山浦ホテル代表)などを懐かしむ平凡な韓国人でもある。(機械翻訳 若干修正)
出典 http://specificasia.blog.jp/archives/1071838769.html

家族の顔画像(写真)は?

 

顔画像を探してみましたがありませんでした。

釜山浦ホテルの代表らしいのでそこから探してもなかったです。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。