ニュース

今(現在)と昔(過去)の気温の差は?一番暑かった日と寒い日の温度やランキングも調査!

全国で異常気象が続いております。

7月20日も猛暑模様で、ここ近年ではない暑さです。

 

ニュースでも異例の、用事がない限り、外出は控えるとの事...

こりゃあ、地球がやばくなってきたなと感じます。

 

 記録的な暑さとなっている日本列島。きょう20日(金)も全国的に猛烈な暑さとなる。
きょうは特に近畿や九州で気温が高く、38℃まで上がる所がありそうだ。すでに一週間以上も猛暑日が続いている所もあり、体調管理により一層の注意が必要となる。

近畿と九州で38℃予想 危険な暑さが一週間以上も

 きょうも広い範囲で35℃以上の猛暑日となり、体温以上の暑さになる所もある。特に気温が上がりそうなのが近畿や九州で、京都・大阪・佐賀・熊本などで38℃予想。予想通り気温が上がれば、京都では一週間連続の38℃以上となる見込みだ。大阪でも2日連続で38℃以上となる見込みで、危険な暑さが続くことが予想される。
また、先日の大雨被害が大きかった所でも猛烈な暑さが続いていて、愛媛県の大洲市では、きのうまでですでに一週間連続の猛暑日となっている。

日々の極端な暑さに加え、猛暑が長引くことでより一層、体調を崩しやすくなっている。屋外にいる時だけでなく、屋内でもこまめな水分補給、塩分補給をするなど、熱中症には厳重な警戒が必要だ。また、屋外で長時間過ごす際は、なるべく日陰を選ぶなど、直射日光を避ける工夫も心がけたい。

〈20日(金)の予想最高気温〉
38℃  京都・大阪・豊岡(兵庫)・久留米(福岡)・日田(大分)・佐賀・熊本
37℃  福島・前橋・熊谷・大津・舞鶴(京都)・奈良
36℃  山形・さいたま・甲府・名古屋・岐阜・福井・神戸・広島・松山・福岡など

関東内陸部は天気急変に注意

 きょうも全国的に晴れる所が多いが、午後は東日本を中心に大気の状態が不安定になる。特に関東北部など内陸部で雷の発生する確率が高く、局地的には激しい雷雨になる見込みだ。
晴れていても、天気が急変するおそれがあるため、暑さとともに、空模様の変化にも注意が必要となる。(気象予報士・多胡 安那)

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010001-wmap-soci

 

Sponsored Links







一番暑かった日は?

 

なんと一番使った日は高知県の41℃!

四国に住んでいら私からしたら、高知県は少し南国な気もしますがここまでとは!

ここ最近では岐阜県の多治見が話題ですが、暑い場所に住む方は大変です・・・

 

2013年8月13日のニュースです。

 

 

最高気温の高い方から (各地点の観測史上1位の値を使ってランキングを作成)
順位 都道府県 地点 観測値 現在観測を実施
起日
1 高知県 江川崎 41.0 2013年8月12日
2 埼玉県 熊谷 * 40.9 2007年8月16日
岐阜県 多治見 40.9 2007年8月16日
4 山形県 山形 * 40.8 1933年7月25日
5 山梨県 甲府 * 40.7 2013年8月10日
6 岐阜県 美濃 40.6 2018年7月18日
和歌山県 かつらぎ 40.6 1994年8月8日
静岡県 天竜 40.6 1994年8月4日
9 山梨県 勝沼 40.5 2013年8月10日
10 埼玉県 越谷 40.4 2007年8月16日
11 群馬県 館林 40.3 2007年8月16日
群馬県 上里見 40.3 1998年7月4日
愛知県 愛西 40.3 1994年8月5日
14 千葉県 牛久 40.2 2004年7月20日
静岡県 佐久間 40.2 2001年7月24日
愛媛県 宇和島 * 40.2 1927年7月22日
17 山形県 酒田 * 40.1 1978年8月3日
18 群馬県 前橋 * 40.0 2001年7月24日
19 千葉県 茂原 39.9 2013年8月11日
埼玉県 鳩山 39.9 1997年7月5日
大阪府 豊中 39.9 1994年8月8日
山梨県 大月 39.9 1990年7月19日
山形県 鶴岡 39.9 1978年8月3日
愛知県 名古屋 * 39.9 1942年8月2日

出典 http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/rankall.php?prec_no=&block_no=

Sponsored Links







一番寒かった日は?

 

1位はやっぱりというべきなのか、北海道です。

マイナス41℃の世界となると想像が及びません。

 

分かりやすい動画がありましたのでご覧ください。

なんでもシャボン玉も凍るみたいです。

シャボン玉を作る前に凍ってしまうと思いますが

 

 

寒いほうが色々楽しめそうです。

でもまぁ、程々がいいですが。

 

 

順位 都道府県 地点 観測値 現在観測を実施
起日
1 北海道 上川地方 旭川 * -41.0 1902年1月25日
2 北海道 十勝地方 帯広 * -38.2 1902年1月26日
3 北海道 上川地方 江丹別 -38.1 1978年2月17日
4 静岡県 富士山 * -38.0 1981年2月27日
5 北海道 宗谷地方 歌登 -37.9 1978年2月17日
6 北海道 上川地方 幌加内 -37.6 1978年2月17日
7 北海道 上川地方 美深 -37.0 1978年2月17日
8 北海道 上川地方 和寒 -36.8 1985年1月25日
9 北海道 上川地方 下川 -36.1 1978年2月17日
10 北海道 宗谷地方 中頓別 -35.9 1985年1月24日
11 北海道 上川地方 占冠 -35.8 2001年1月14日
北海道 上川地方 朱鞠内 -35.8 1990年1月28日
13 北海道 上川地方 名寄 -35.7 1982年2月2日
北海道 後志地方 倶知安 * -35.7 1945年1月27日
15 北海道 上川地方 中川 -35.6 1985年1月24日
16 北海道 留萌地方 幌糠 -35.4 1985年1月25日
北海道 網走・北見・紋別地方 佐呂間 -35.4 1978年2月17日
18 北海道 網走・北見・紋別地方 滝上 -35.2 1978年2月17日
19 北海道 上川地方 士別 -35.1 1985年1月25日
20 北海道 上川地方 音威子府 -34.9 1982年2月5日

出典 http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/rankall.php?prec_no=&block_no=

 

昔の気温はどうだった?

 

 

 

実際に、日本の夏の気温は昔よりも上がっているのか、tenki.jpなどを運営する日本気象協会に話を聞きました。

―― 実際に日本の気温は昔に比べて上がっているのでしょうか。
日本気象協会:はい。気象庁が2018年6月26日に公開した「ヒートアイランド監視報告2017」によると、東京ではこの100年間の間に年間での平均気温が3.2度上がっています。特に上がっているのが最低気温の4.4度。最高気温は1.7度上がっています。

―― いつ頃から気温が上がり始めたのでしょうか。
日本気象協会:高度成長期の1950年代後半から1970年代の間に特に上がりました。

―― 昔に比べて熱中症になるリスクは上がっていますか。
日本気象協会:上がっていると思います。

―― 気温の上昇について「エアコン設置家庭の増加によるによる排熱が原因ではないか」という意見がありますがその影響は実際にありますか。
日本気象協会:「ヒートアイランド監視報告2017」では、気温上昇の理由について「人工排熱」も上げられています。しかし、家庭のエアコンによる影響よりも、工場などの産業活動、自動車の存在などの方が大きいと考えられます。

また、都市化によりコンクリートの建造物やアスファルトの地面が増えましたが、これらは温まりやすく冷めにくい特色を持つため夜になっても気温が落ちず、熱帯夜を引き起こす原因となっています。さらに、植物が減ったことにより、葉っぱが起こす「蒸散」(植物体内の水分が水蒸気になって外に発散すること)による気化熱も減りました。

これら、都市化による気温の上昇を「ヒートアイランド現象」と呼びます。

—-

やはり昔に比べて平均気温が上がっているというのは、事実でした。特に気温が上がり始めたのが高度成長期ということで、特に現在60代以上の人の子どものころと現在では大きな差が生じているもよう。「熱中症は甘え」ではなかったようです。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000092-it_nlab-sci

 

 

 

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000092-it_nlab-sci

Sponsored Links







平均気温が上がっていないという話も

 

 

 

日本の夏の気温を50年前から調べ上げたグラフがこちら。青い線が最高気温で、オレンジが最低気温、グレーが平均気温だ。あれ…?50年前からほぼ横ばいだぞ!?

kion2 kion3

▲こちらは東京の気温を表したグラフ。年ごとにバラつきはあるものの、想像していたような右肩上がりの結果は見受けられない。

kion4

▲また、大阪の気温を表したグラフもこの通り横ばい。どうやら昔も今も夏の暑さに違いはないようだ。

さらに平均湿度を50年前から遡ったグラフはこちら。なんと湿度に関しては、昔よりも今の方が下がっているということが明らかに!!

kion6

蒸し暑さも年々キツくなっているかと思いきや、まさかの過ごしやすい気候へと変化している事実が浮かびあがった。「地球温暖化で暑くなっている」というイメージは間違いだったのか…。

これに対し、ネットユーザーから多くの反響があった。

kion7 kion1

結果として50年前から1度しか気温が変化していなかったことに、驚いた方はかなり多いはずだ。

とはいえ厳しい暑さは今年も続くので、水分をこまめにとって熱中症には注意していただきたい。

0NMfl21

クーラーが普及していなかった50年前の人々は、よくぞ道具に頼らずに暑い夏を乗り越えてきたものだ…。現在人はひ弱になっているのかもしれない。

出典 http://netgeek.biz/archives/44843

Sponsored Links







まとめ

 

100年単位で見てみるとやはり平均気温は上がっているようです。

科学の発展で生活が豊かになり、車の排気ガスやヒートアイランド現象は100年前には無かったものでしょうから、気温上昇の原因も明確です。

このままでは地球は滅亡かなと思います...。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。