jhgbksdfjbopgidajg
ニュース

真備町(岡山県倉敷市)現在のボランティア受け入れの募集状況は?個人で参加する時の服装は?

 

倉敷市真備町では復興が進んでいます。

現在のボランティアの募集状況はどうなっているのでしょうか?

西日本豪雨に見舞われた岡山県内各地に、全国から次々と支援の手が差し伸べられている。3連休2日目の15日、面積の約3割が浸水した倉敷市真備町地区には、東日本大震災や阪神大震災の被災地をはじめ全国から約2千人のボランティアが駆け付けた。「かつて受けた支援の恩返しを」と家財道具の運び出しなどに汗を流した。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00010009-sanyo-l33

Sponsored Links







現在のボランティア受け入れ募集状況は?

 

あわせて読みたい
真備町(岡山県倉敷市)への支援物資はどこの場所に送ればいいのか?足りないものは?西日本豪雨で支援物資を必要としています! 集めている場所を紹介しますが集荷日時などをきちんと確認してください! ...
あわせて読みたい
真備町地域(岡山県倉敷市)の浸水被害エリアの地図は?何が原因で被災したか調査!浸水で被害が出た倉敷市真備町では門閣的に復旧が始まっています。 13日から罹災証明書の受付が始まりました。 (真備)罹災届出...
あわせて読みたい
真備町(岡山県倉敷市)へのボランティアセンターの情報や活動への参加方法や募集場所は?西日本豪雨でボランティアをしようという方が多くなっています! 今回はボランティアをする為にどうしたらいいか調べました! ...

 

 

 

ボランティアはまだまだ受け入れています。

ボランティアの受け入れ範囲を広げないといけないほど、人手がいるようです。

 

ただ、暑さのせいで作業が進まないようです。

ボランティアに行った方が熱中症にならないように気を付けてほしいと思います。

Sponsored Links

ボランティアに参加するには?

 

参加する場合は基本的にはボランティアセンターへの登録です。

 

 

北区災害ボランティアセンター

 

東区災害ボランティアセンター

 

現在はボランティアセンター以外でも受け入れています

 

倉敷市、総社市、岡山市、高梁市、新見市、笠岡市、井原市、浅口市、矢掛町で各募集しています。

 【倉敷市】真備町地区へは、倉敷市社会福祉協議会が中国職業能力開発大学校(玉島長尾)に設ける「市災害ボランティアセンター」(080—2931—9342、080—2931—9442)が受け入れ。

対象は高校生以上(中学生は保護者同伴)。

車の場合は、水島コンビナートE地区(玉島乙島)の特設駐車場で受け付けし、シャトルバス(午前7時半〜10時半)で現地へ向かう。

車以外の人は同センターで午前7時半〜10時半に受け付ける。

活動時間は午後3時まで。 

被災者からの派遣要望は午前9時〜午後4時に専用電話(080—2893—3342、080—2893—3442、080—2893—3542、080—2893—3642、080—2893—3742)で受け付ける。 

土石流被害の広江地区には、市社会福祉協議会水島事務所がコスモタウン広江町内集会所(広江)に置く「市災害ボランティアセンター(水島地区)」が市内在住の高校生以上を募集。

受け付けは午前9時〜10時、活動は午後3時まで。同事務所(086—446—1900)。 

【総社市】市社会福祉協議会が市総合福祉センター(中央)玄関前の市災害ボランティアセンターで午前8時から随時受け付け。市外からも募っている。

活動時間は午前8時〜午後3時で、被災した家屋のがれきや泥の撤去、各避難所の支援、物資の受け入れを行う。

ボランティアの受け入れ=080—2889—5042、080—2889—5142、ボランティア派遣の要請=080—2889—5542、080—2889—5342。 

【岡山市】午前9時〜午後4時に大供公園(北区鹿田町、080—2932—0242、080—2932—0142)と上道公民館(東区竹原、080—2931—9842、080—2931—9742)にボランティアセンターを開設。

土砂の撤去など市内の被災者からの支援要望と、市内在住・在勤・在学者のボランティア希望を受け付け、活動場所を調整する。 

【高梁市】市社会福祉協議会が高梁総合福祉センター(向町)に設けた災害ボランティアセンターで午前9時半〜午後1時にボランティア登録を受け付ける。

活動時間は午前9時半〜午後3時。被災者からの依頼受け付けは午前8時半〜午後5時。同センター(080—2931—8142、080—2931—8242)。 

【新見市】市社会福祉協議会が市地域福祉センター(金谷)の市災害ボランティアセンターで募集中。対象は市内在住・在勤・在学者。同センター(080—2932—0442、メールsyakyo−honsho−1@ex.city.niimi.okayama.jp)で20日まで受け付ける。1日のみの参加も可。活動期間は22日まで。 

派遣依頼は市内居住者を対象に、同センター(080—2932—0342、電話のみ)で17日まで、午前9時〜午後4時(日曜祝日は除く)に受け付け。 

【笠岡市】市社会福祉協議会が市老人福祉センター(十一番町)にボランティアセンターを開設し、災害ボランティアを募っている。午前9時〜午後5時。家屋の片付けなど行う。被災した人からの支援要請も受け付けている。市社協(080—5234—2567、080—6338—6547、080—6338—6557)。

 【井原市】市社会福祉協議会が市総合福祉センター(井原町)にボランティアセンターを設け、災害ボランティアを募集している。被災した人からの支援要請も受け付けている。

作業は泥のかき出し、家財搬出など家屋の片付け。15日は、高屋川の氾濫により広範囲に浸水した高屋町地区で土砂のかき出し、家財搬出などを集中的に行う予定。午前9時〜11時半、高屋小集合。

ボランティアセンター(0866—62—1484)に事前連絡が望ましいが、当日受け付けも可。道具類、飲みものはできるだけ持参。 

【浅口市】市社会福祉協議会が、市内で豪雨の被害に遭った家屋の泥かき、災害ごみ処分などを支援する災害ボランティアを派遣している。ボランティアスタッフの募集は当面の間行わない。問い合わせは同協議会(0865—44—7744)。 

【矢掛町】町社会福祉協議会が町農村環境改善センター(矢掛)で、午前9時〜正午に災害ボランティアを受け付けている。作業内容は浸水被害を受けた家屋の片付けなど。県内在住者が対象。

専用電話は080—2931—8642、080—2931—8742、080—2931—8842。

同センターでは支援物資も受け付けている。午前9時〜午後5時で、受付品目は紙パックの野菜ジュース、熱中症対策の冷却材、塩分タブレットなど。

出典 https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/sanyo/region/sanyo-107687393

 

 【倉敷市】真備町地区へは、市社会福祉協議会が中国職業能力開発大学校(玉島長尾)に設ける市災害ボランティアセンター(086―526―4970)で午前9時~10時に受け付け、シャトルバスで現地に向かう。JR新倉敷駅と同センターを結ぶ送迎バスも運行する(同9時~9時半、帰りの便もある)。車の場合は、同センター駐車場を利用する。対象は高校生以上(中学生は保護者同伴)。活動は最大3時間で、午後2時までに同センターに帰着予定。

被災者からの派遣要望は午前9時~午後4時に専用電話(086―526―4960)で受け付ける。

土石流が発生した広江地区でのボランティア受け付けは20日まで停止する。

【総社市】市社会福祉協議会が市総合福祉センター(中央)玄関前の市災害ボランティアセンターで午前8時から随時受け付け。市外・岡山県外からも募っている。活動時間は午前8時~午後3時。被災した家屋のがれきや泥の撤去、各避難所の支援、物資の受け入れを行う。ボランティアの受け入れ=080―2889―5042、080―2889―5142、ボランティア派遣の要請=080―2889―5542、080―2889―5342。

【岡山市】午前9時~午後4時に市役所本庁舎1階(北区大供、080―2932―0242、080―2932―0142)と上道公民館(東区竹原、080―2931―9842、080―2931―9742)にボランティアセンターを開設。土砂の撤去など市内の被災者からの支援要望と、市内在住・在勤・在学者のボランティア希望を受け付け、活動場所を調整する。

【高梁市】市社会福祉協議会が高梁総合福祉センター(向町)に設けた災害ボランティアセンターで午前9時半~午後1時に登録を受け付ける。活動時間は午前9時半~午後3時。被災者からの依頼受け付けは午前8時半~午後5時。同センター(080―2931―8142、080―2931―8242)。

【新見市】市社会福祉協議会が市地域福祉センター(金谷)の市災害ボランティアセンターで募集中。対象は市内在住・在勤・在学者。同センター(080―2932―0442、メールsyakyo-honsho-1@ex.city.niimi.okayama.jp)で20日まで受け付ける。活動期間は22日までで、1日のみの参加も可。

市内居住者が対象の派遣依頼は20日まで。同センター(080―2932―0342、電話のみ)で、午前9時~午後4時に受け付ける。

【矢掛町】町社会福祉協議会が町農村環境改善センター(矢掛)で、午前9時~正午に災害ボランティアを受け付けている。作業内容は浸水被害を受けた家屋の片付けなど。専用電話は080―2931―8642、080―2931―8742、080―2931―8842。同センターでは支援物資も受け付けている。午前9時~午後5時。受付品目はゴーグル、熱中症対策の冷却材など。ボランティアの支援要請、支援物資に関する問い合わせは町保健福祉課(0866-82-1013)。

http://www.sanyonews.jp/article/753278

 

ボランティアに参加した際にはボランティア保険に加入しましょう!

こちらの記事に載せています。

真備町(岡山県倉敷市)へのボランティアセンターの情報や活動への参加方法や募集場所は?

Sponsored Links







ボランティアに参加するときの服装は?

 

ボランティアに参加する時は重装備でなければなりません。

 

 


暑さもありますから軽装では自殺行為ですし、肌を見せるのは日焼けや怪我があるのでNGです。

 

助けに行ったのに倒れて助けられては話になりません!

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。