jhgbksdfjbopgidajg
ニュース

真備町地域(岡山県倉敷市)の浸水被害エリアの地図は?何が原因で被災したか調査!

浸水で被害が出た倉敷市真備町では門閣的に復旧が始まっています。

13日から罹災証明書の受付が始まりました。

(真備)罹災届出証明書の利点とは何?被災との違いや発行方法はどこの場所ですればいいのか調査!

 

今回被害が出たのはどのぐらいのエリアなのかハザードマップを見ながら調べてみました。

Sponsored Links

真備町のハザードマップは?

 

真備町(岡山県倉敷市)へのボランティアセンターの情報や活動への参加方法や募集場所は?

真備町(岡山県倉敷市)への支援物資はどこの場所に送ればいいのか?足りないものは?

真備町のペット連れも可能な避難所や支援物資は?無料開放されている銭湯(温泉)も!

 

こちらが真備町のハザードマップです。

 

 

 

浸水の様子を表した地図は7日時点の物です。

小田川が合流する前に蛇行する地点で水深が深くなり、、

広い地点で3~4メートルの水深になったそうです。

 

今回の災害で水没した地域と倉敷市が事前に制作したハザードマップは、

ほぼほぼ一致するそうです。

 

今回の水害でハザードマップはいかされずでした...

 

 国土地理院は10日、記録的な豪雨で河川が氾濫した岡山県倉敷市真備町地区の浸水域と、浸水の深さを示した推定図を公表した。一般の人がツイッターに投稿した写真や動画に映り込んだ建築物などから浸水範囲の端を推定し、地理院の標高データと組み合わせて作製した。浸水の深さは推定で最大約4.8メートルだった。

出典 https://mainichi.jp/articles/20180711/k00/00m/040/070000c

 

浸水地域の地図は?

 

出典 https://www.asahi.com/articles/ASL784HCTL78PLBJ002.html

 

今回決壊した地点で「バックウォーター」という現象が起こっていたようです。

今回の流れは、

 

1.雨で高梁川の水位が上昇

2.小田川から高梁川に流れ込みにくくなり、小田川の水位が上昇

3.水がその場に留まり、さらに水位上昇

4.堤防が決壊し氾濫

 

という感じのようです。

 

Sponsored Links

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。