jhgbksdfjbopgidajg
ニュース

長谷川一男の経歴やブログは?肺がんでオプジーボで治療中だが現在のステージは?

Sponsored Links

穴見陽一議員が国会でヤジを飛ばしました!

今回、穴見陽一議員がヤジを飛ばしましたが、飛ばした人間がいるなら飛ばされた方もいらっしゃるわけです。

穴見陽一議員の経歴や後援会事務所は?ジョイフルと幸福の科学は深い関係って本当?

受動喫煙対策が議論された衆院厚生労働委員会で、6月15日、参考人として招かれたがん患者が意見を述べている最中に、自民党の穴見陽一議員が「いい加減にしろ!」とヤジを飛ばしていたことがわかった。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00010000-bfj-soci

 

飛ばされた方は長谷川一男さんといって肺がん(肺腺がん)患者です。

現在のステージは4です。

ステージ4とはがんが体の他の個所に転移が見られる状態です。

がんでは5年生存率という言葉が使われます。

発見が早ければ早いほど死亡確率が低いという事です。

がんではよく「5年生存率」という言葉を使う。これは、「がんの治療開始から5年後に生存している人の割合」のことをいう。この中には、再発せずに生存している人と、再発したものの生存している人が含まれる。膵臓がんや肝臓がんなど一部のがんを除いて、1期では多くのがんで5年生存率が80~90%を超える。ステージが進むほど下がっていき、4期ではがんによっては数%に下がる。

出典 https://www.mrso.jp/colorda/lab/101/

肺がん

  • 初期症状 長引く咳、痰、胸痛、息切れ
  • 進行後の症状 吐き気、頭痛、黄疸、全身の倦怠感
  • 転移場所 脳、肝臓、副腎、骨
  • 5年生存率 1期83.8% 2期50.1% 3期22.4% 4期4.8%

 

病気で苦しむ中、国会に訪れた長谷川さんですがこのようなヤジがあれば国に対して、どのような感情を抱くのでしょうか?

経歴

名前: 長谷川一男さん
年代: 40代、男性
病名: 肺がん(肺腺がん)
病理: 腺がん
進行: ステージ4
発症年月: 2010年2月
発生時年齢: 39歳
受けた治療: 抗がん剤治療(アリムタ、シスプラチン、カルボプラチン、TS-1、ドセタキセル、アバスチン、ナベルビン、タルセバ)、陽子線治療、重粒子線治療、右肺全摘手術、樹状細胞療法(先進医療)

Sponsored Links

治療期間: 8年
合併症: 膿胸、気管支断端ろう
職業: NPO法人理事長
生命保険会社: 東京海上日動あんしん生命保険

出典 https://www.millions.life/story2602/

 

NPO法人「肺がん患者の会ワンステップ」代表。1971年東京都生まれ。喫煙歴はないが、2010年に肺がんを発症し、現在ステージ4。15年にワンステップを設立。全国11の肺がん患者会で構成する「日本肺がん患者連絡会」の代表も務めている。患者の声を医療関係者や行政などに伝えて現状の改善を目指すアドボカシー活動の功績を認められ、16年に世界肺癌学会の「ペイシェント・アドボカシー・アワード」を受賞。

出典 https://medical.jiji.com/topics/451

長谷川さんは現在、神奈川県横浜市在住です。

父親が靴販売商人、母親は自営の美容師の家庭で長男として生まれました。

妹が2人いらっしゃるそうです。

長谷川さんは中学生の頃にテレビで見た映画の「ディア・ハンター」(ロバート・デ・ニーロ主演)を見て映画の世界に魅了されたそうです。

映画が好きになり、毎月のお小遣いお年玉は映画代に消えていったそうです。

その映画好きもあり、進路については映画を作ることに意欲的で、日本大学芸術学部映画学科を受験しました。

そして大学には無事合格したのは良いですが、経済的に余裕のない家庭だったので、奨学金に申し込んだそうです。

入学すると周囲の学生の映画にかける情熱はすごかったそうです。

根本的に映画への力の差を感じました。

しかも、映画作りの世界は徒弟制度が一般的で、奨学金という借入金のある自分は、どこにも弟子入りできないという現実も知る。

そして映画への興味はうすれ、長谷川さんはテレビ業界に就職しました。

夜通しで仕事をするかなり激しい業界だったそうです。

1997年の26歳の頃にディレクターに昇進しました。

そのころに合コンで知り合った、1歳年下の女性と2001年に結婚しました。

2004年に2人目の子供(女の子)が誕生したそうですが、この頃に父親が肺がんのステージ4を患っていたそうです。

父親は長谷川さんが子供のころからタバコを吸っていたこともあってタバコは好きではなかったそうです。

そして1年半の闘病生活で父親はなくなったそうです。

2002年の5月に長谷川さんは咳が出だしました。

それに加えて発熱もあり、治りが遅かったそうです。

不安に感じ病院で診療し、検査入院の結果、がんになっていることが分かりました。

この時に長谷川さんはステージ4と伝えられ、余命10ヶ月と宣告されました。

治療中に転移が見つかったり、右肺を摘出したりしましたが長谷川さんは2018年の現在もお元気なようです。

こちらが長谷川さんが代表を務めるNPO法人のワンステップです。

http://www.lung-onestep.jp/

長谷川一男さんのブログアメブロと他にインタビューがたくさんありました。

ブログ

https://ameblo.jp/hbksakuemon/

インタビュー

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/080500050/092000001/

https://www.millions.life/interview2607/

http://gannote.com/interview/pulmonary_adenocarcinoma_hasegawakazuo

https://oncolo.jp/mystory/human06

http://www.metlife.co.jp/customer/support/cancer/interview/age40_50_vol1.html

オプジーボとは?

 

オプジーボとはがんの特効薬のようです。

進行・再発肺がんの1年間の生存率がかなり伸びる薬だそうです。

ただ、価格がかなり高価なものらしいです。

進行した肺がんで治療を続ける横浜市の長谷川一男さん(45)はこう話す。昨年12月、肺がんに保険適用が拡大された「オプジーボ」。治療が難しい進行・再発肺がんの生存率(1年間)を従来の薬の39%から51%に押し上げた。今後の治療に展望が開けた思いがした。

出典 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160517-OYTET50019/

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。