jhgbksdfjbopgidajg
ニュース

袴田事件(袴田巌)の本当の犯人や賠償金は?現場の現在や次女がおぞましいとは?

Sponsored Links

袴田事件、6月11日に高裁の判断が下ります!

 

熊本典道(袴田事件の裁判官)の経歴や現在は?生活保護の噂やブログをチェック!

 

 静岡県で一家4人が殺害、放火され、死刑判決が確定した袴田事件。静岡地裁の歴史的な再審開始決定を経て、いよいよ6月11日、高裁の判断が示される。再審の扉は開かれるのか。これまでの経過を振り返ってみたい。

出典 https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20180610-00086242/

 

事件の概要です

 

袴田事件(はかまだじけん)とは、1966年に静岡県清水市(現静岡市清水区)で発生した強盗殺人放火事件、およびその裁判で死刑が確定していた袴田巌元被告が判決の冤罪を訴え、2014年3月27日に死刑及び拘置の執行停止並びに裁判の再審を命じる判決が(即時抗告審での審理中のため未確定)なされた事件。日本弁護士連合会が支援する再審事件である。

出典 wikipedia

 

 

事件の詳細はこちらからどうぞ

https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20180610-00086242/

 

本当の犯人は?

 

犯人説に被害者の長女が怪しいという説があります。

こちらのサイトに色々詳しく書かれています。

https://uranaru.jp/topic/1009123

 

現場の現在は?

 

静岡県静岡市清水区横砂踏切らしいです。

賠償金は?

 

  憲法40条(刑事補償)と17条(国家賠償責任)の趣旨を実現するため、日本には刑事補償法と国家賠償法がある。

このうち刑事補償法では、拘留・拘禁1日当たり千円以上1万2500円以内、死刑執行3000万円以内の範囲内で支払われる。ところが、その対象は「拘留または拘禁された後に無罪判決を受けたとき」としており、誤認逮捕の後に不起訴処分となった今回のケースなどは補償請求する権利がないことになる。

その救済策として国が1957年に定めたのが「被疑者補償規程」で、いったん逮捕したものの罪を犯していないという十分な証拠などがある場合は、刑事補償法と同様の補償金を支払うことになっている。

前出の少年の補償金はこの「被疑者補償規程」にのっとって支払われる見通しだが、刑事補償問題に詳しい弁護士は「請求可能な期間が刑事補償法に比べて短いことなどから、近年、国内で誤認逮捕された人の中で被疑者補償規程を活用した事例は決して多くはないはず」と指摘する。

出典 https://www.j-cast.com/2012/11/09153373.html?p=all

拘束期間は47年7ヶ月です。

1日を12500円で計算すると、

365×47=17,155日

1ヶ月30日として

30×7=210日

17,155+210=17,365

17,365×12,500=217,062,500

2億1706万2500円です。

これが多いのか少ないのかは分かりませんが、もし袴田さんが受け取れれば余生を過ごすのには十分だと思います。

次女がおぞましいとは?

 

袴田事件と検索すると「次女 おぞましい」という言葉があります。

下の文におぞましいという言葉があります。

 ところで殺害現場は、到底金目的とは思えない、真犯人の何らかの意図を感じさせるものが残されていた。次女が刺され、倒れていた場所の下に「ピアノ上部の鴨居」が倒れており、さらにその額を取り去ると、使用済み生理用パンツが2枚置かれていたという。さらに水を含んだマッチも置かれていた。本書は、これについて以下のように分析している。

「なんとも、おぞましい”処刑”ではないか。次女は、この板を枕がわりにして、うつ伏せにされていたのである。犯人は彼女の顔や上半身をことさらによく焼くことを意図してこういう火葬台ともいうべき”装置”を考案したのだ」

強盗殺人として捜査されているが現場には金品が多数残されていた。真犯人が次女殺害現場に残した生理用パンツ2枚の意味は、何なのか。少なくともこの状況だけみれば、とてもカネ目的の犯行には見えない。

出典 http://news.livedoor.com/article/detail/9635751/

 

次女がおぞましい方法状況でなくなったという事らしいです。

想像したくないですが現場は地獄だったでしょう。

 

未だに続く拘禁反応

 

2014年も3月に拘置所から袴田さんは釈放されました。

袴田さんは1966年に無実の罪で死刑判決を受け、34年間を死刑囚として拘置所の独居房(約4畳)の空間で過ごすことを強制されました。

その長い刑務所生活によって袴田さんは拘禁反応というものが出てしまいました。

袴田さんは事件の事を尋ねられると、「私はハワイで生まれてハワイで育った」「大学を主席で卒業してボクシングをやっていた」「日本とは関係ない」「こがね味噌事件(同事件の別名)もないし、死んだ人もいない」などと発言。

Sponsored Links

現実とはかけ離れた会話をしてしますようです。

ボクシングをしていたのは事実ですがハワイで生まれたことも大学を首席で卒業したこともありません。

長い間、いつ死刑になるかわからない状況によってストレスを与えられ続けた結果、自己防衛によって虚言が出るそうです。

袴田さんは日記にも、「全世界の天下を取った」「霊の国の決定」「王正2年1月」といった不思議な言葉が書かれていたそうです。

歯k真田さんは現在お姉さんと一緒に暮らしているそうですが、袴田さんは1日に数回不思議な行動をとるそうです。

拘禁反応の後遺症が今も袴田さんを苦しめています。

袴田さんは現在、姉と2人暮らしをしています。ただし、袴田さんは姉を姉だと理解できていないようです。

釈放から1年経った現在でもそうですが、釈放直後は1日10時間も同じ行動をとっていたそうです。

現在は2人暮らしですが、会話はほとんどなく、食事も離れた場所で別々にとるということです。

あまりに長い刑務所生活で身についてしまった拘禁反応の完治は難しいそうです。

刑務所から解放された今なら少しづつではあるが、良い方向に向かっているそうです。

 

6月11日の高裁の判断

 

高裁の判断を楽しみにしていたのですが...残念です。

ですがまだ次はあるみたいなので袴田さんには頑張っていただきたいです!

1966年に起きた「袴田事件」で死刑が確定し、2014年の静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(82)の即時抗告審で、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、地裁決定を取り消し、再審請求を棄却した。静岡地裁の決定の決め手となったDNA型鑑定は「種々の疑問があり、信用できない」とした。弁護側は高裁決定を不服とし、最高裁に特別抗告する可能性が高い。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000034-mai-soci

 

BOX 袴田事件 命とは 【DVD】

袴田事件・冤罪の構造 死刑囚に再審無罪へのゴングが鳴った [ 高杉晋吾 ]

袴田事件裁かれるのは我なり (ちくま文庫) [ 山平重樹 ]

袴田事件を裁いた男 無罪を確信しながら死刑判決文を書いた元判事の転落と (朝日文庫) [ 尾形誠規 ]

袴田事件 [ 山本徹美 ]

はけないズボンで死刑判決 検証・袴田事件 (Genjinブックレット) [ 袴田事件弁護団 ]

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。