jhgbksdfjbopgidajg

ブルセラ症(人獣感染症)ってなに?病名の由来と予防や対策や感染原因(経路)を調査!

Sponsored Links

長野県の男性がブルセラ症になったそうです!

 

一瞬、耳を疑いました。

ブルセラ症という病気があるんですね。

ちなみにこの病気は動物からもらうことが多いそうです。

 

長野県在住の男性(64)が、人獣感染症「ブルセラ症」に感染し、

腎機能不全になる重い症状になっていたことが15日、国立感染症研究所への取材で分かった。

感染研が調べたところ、国内外に存在しない新種の菌であることが判明。

家畜によるブルセラ症の菌は海外から持ち込まれるが、

男性に渡航歴はなく、感染研などは感染源や経路などを調べている。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000512-san-hlth

 

ブルセラ症とは?

波状熱。ブルセラ (グラム陰性の桿菌) の感染症で,人畜共通感染症の一つ。
ヤギ,ウシ,ブタなどに流行する獣疫であるが,ヒトが感染すると,
1~3週間の潜伏後,有熱期と無熱期が交互に来る特有な熱型を示すので,波状熱とも呼ばれる。
症状としては,悪寒,発汗,頭痛,全身痛,リンパ節のはれなどが現れる。
ヤギ型ブルセラによる場合はマルタ熱,ウシ型ブルセラによる場合はバング病と呼ばれる。
日本には少い。
治療にはテトラサイクリンとストレプトマイシンの併用が有効。
出典 https://kotobank.jp/word/ブルセラ症-127274
ヤギ、ウシ、ブタなどの家畜にしやすい動物から感染しやすいようです。
今回感染した男性は、猫と鳥を飼っているそうです。
 感染研などによると、男性はかつてトラック運送業に従事し、現在は無職。
自宅は長野県内の山奥にあり、海外へ行ったことはなく、猫や鶏を飼育しているという。
 男性は昨年4月上旬ごろ食欲不振に陥り、39度を超える高熱が1週間続いた。
2カ月後には腎機能が急速に悪化し、急性腎障害による尿毒症の診断で入院し、血液透析などを行った。
治療後も腎機能は回復せず、現在も透析治療を受けているという。
出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000512-san-hlth
そして今回は新種の遺伝子を持っているようです。

予防・治療法は?

 

症状

あらゆる臓器に感染を起こし、全身症状。その症状に特異的なものはなく、症状は他の熱性疾患と類似している。40℃程度の発熱は主に午後から夕方で、持続的、間欠的、または不規則な発熱(数週間〜数カ月続くこともある)、発汗、疲労、体重減少、うつ状態などの症状がみられる。リンパ節腫脹、肝脾腫大がみられる。

Sponsored Links
  • 骨・関節系 – 最もよくみられる合併症で、腸骨坐骨関節炎、膝および肘関節炎、椎間板炎、骨髄炎、滑膜包炎などを起こす。
  • 消化器系 – 成人患者の70%近くで胃腸症状(食欲不振・吐き気・嘔吐・下痢・便秘、悪心)体重減少。
  • 呼吸器系 – きわめてまれで、咳、労作呼吸困難。
  • 泌尿器系 – 精巣炎。
  • 神経系 – うつ状態、髄膜炎がみられるが、頻度は2%以下。
  • 心血管系 – 心内膜炎が最も重要な合併症で、ブルセラ症による死亡原因の大半を占める。頻度は2%以下である。

 

治療

  • 感受性のある抗生剤の投与。薬剤の服用期間が短い・外科的処置が不適切だった場合、再発する。
  • 弱毒変異株を用いたヒトの有効なワクチンは開発中。

 

感染経路

 

感染経路(ヒト)[編集]

ブルセラ症の感染経路としては、主として三つある[3]

  1. 細菌に汚染されたものを飲食する。
    • 感染動物のミルクが殺菌されていないと、そのミルクやミルクから作ったチーズなどが汚染されており飲食した人。細菌は食品衛生法の指定条件の加熱で完全に不活化する。
  2. 細菌を吸い込む。
    • 日本でのヒトでの感染はほとんどが実験室内感染。細菌が噴霧されるなどして生物兵器として使われることが心配されている[3]
  3. 皮膚の傷や眼の結膜などから細菌が侵入する。
    • 死体、および流産組織、分娩の残物(羊水、胎盤)などとの接触による。
    • 酪農・農業従事者、獣医師、屠畜場従事者では職業的な感染のリスクが高い[1]
    • 自然宿主に対する病原性発現の初期段階の細胞への接着と侵入に関与する遺伝子、および菌体成分は明らかになっていない部分が多い。

感染経路(牛)[編集]

牛のブルセラ病は流産胎子や胎盤あるいは感染した子宮からの悪露が感染源で、病原体は経口的に摂取され、腸管より侵入する。外陰部、角膜、皮膚も感染経路となる。ブルセラ病は特に妊娠子宮指向性が高いため、子宮内で増殖して胎子に感染する。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。