jhgbksdfjbopgidajg
ニュース

はしか(麻疹)の症状や予防方法は?発症した時に病院受診はどこに行けばいいか調査!

Sponsored Links

はしか(麻疹)が流行中です!

 

現在、麻疹が流行中です!

感染するとかなりしんどいらしく

予防が必要です!

症状や予防方法を調査しました!

 

はしかとは?

 

 麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症として知られています。
 麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、

その感染力は非常に強いと言われています。

免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。

出典 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

免疫がない人はほぼ100%の発症率だそうです!

しかし、免疫は一生持続するという点もありますが、

事前に予防接種しておきたいですね!

 

症状

感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。

2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。

肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。

死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。  

その他の合併症として、10万人に1人程度と頻度は高くないものの、

麻しんウイルスに感染後、特に学童期に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢神経疾患を発症することもあります。

 近年は麻しん含有ワクチンの2回接種が行われ、麻しんに感染する方の人数は減っています。

出典 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

 

2,3日の高熱と発疹も嫌ですが、

肺炎や中耳炎との合併をしやすいというところが

やばいところです。

 

かかった場合は絶対に外出禁止と

他人への接触はダメですね。

 

亜急性硬化性全脳炎とは?

亜急性硬化性全脳炎を発症したヒトは、その後、数ヶ月から数年間をかけて神経症状の進行が見られる。

具体的には、性格の変化、知能低下(学業成績低下、記憶力低下)、

脱力発作(例えば、手に持っている物を本人の意思とは無関係に落としてしまう、など)、起立歩行障害などが起こる。

さらに進行すると、不随意運動、痙攣、摂食障害、自律神経の異常が現れてくる 。

最終的には意識も消失し、その後に死亡するという転帰をたどることが一般的である。

出典 wikipedia

一番厄介なのが亜急性硬化性全脳炎を

発症した場合です。

障害が出て最終的には

意識の消失、死亡という最悪の

結果になることがあるそうです。

 

このような結果にならないために

事前の予防が絶対に大事です。

 

予防方法

麻しんは感染力が強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみで予防はできません。

麻しんの予防接種が最も有効な予防法といえます。

また、麻しんの患者さんに接触した場合、72時間以内に麻しんワクチンの接種をすることも効果的であると考えられています。

出典 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

 

感染力が強く、予防はほぼ不可能だそうです。

対策としては予防接種が一番有効みたいですね。

予防接種していない人は

即座にすぐに注射しましょう!

 

病院はどこに行けばいい?

 

 予防(ワクチン)に勝る治療はありません。

ワクチンを接種する前に麻疹の患者さんと接触したことが判明した場合は、

接触後48時間以内に麻疹含有ワクチンを接種する、

あるいは接触後5日以内にγグロブリン製剤の注射を受けることで発症を予防する、

あるいは軽くすませる効果があります。

ただし、家族内感染の場合は、これらの予防法では間に合わないことがほとんどです。

発症してしまった場合は、早急にかかりつけの小児科、成人の場合は内科あるいは皮膚科を受診し、

入院の必要性を含めて対応を相談することが必要です。

出典 https://katei-igaku.jp/dictionary/detail/251002000.html

 

発症が疑わしい場合は

子どもは小児科

成人は内科または皮膚科だそうです。

強力な感染力があるので

事前に病院に電話をすることを忘れずに!

 

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。