jhgbksdfjbopgidajg

売れている販売員から盗んだ売れる方法 番外編

Sponsored Links

こんにちは



元販売員のどんちんです。




思いついた記事があったのですが、コツに属さないので番外編として書きました。




そもそも皆様は接客した時にお客様の購買の決定率は何パーセントぐらいだと思いますか?




僕がいた店は平日はお客様が多くて10客のご入店でした。




地方の百貨店にいたのでそんなもんです。




少なかったら2〜3客の日もあります。




僕自身の決定率は30%〜40%でした。




今思うと、僕自身フリーのお客様の接客は不得意ではなかったと思いますが…




それでは売れているスタッフを見ると決定率は50〜60%ぐらいでした。




僕がみていると運の良さ、技術がありました。




その運の良さもうまくは言えないですが、その販売員特有の運の良さでした。




日々の行いや、性格などからのものだと思います。




Sponsored Links

運がいいだけだろと嫉妬するものとは別物でした。




もしかしたら運がいいと見せかけているのかもしれません。




とりあえず、絶対に売れるとかいう方法はないですね。




みんながみんな接客されるのは好きではないと思います。




むしろ接客されたくない人の方が多いと思います。




ただ、そのようなお客様にもうまく対応していかなければならないのが販売員ですから。




今回、言いたいのは接客の上手いスタッフでも接客はハズします。




教えてもらったのは



「接客は小さい確率の積み重ね。例えば笑顔でいることで買ってくださる確率が1%上がるかもしれないし、在庫を取りに行く時に駆け足で走ったりすることもそうだし、商品を大切に扱うこともそう。お客様のツボはどこかわからないから、ひたすらそこを探していく。接客中はお客様を常に観察しないといけない。」




と言われました。




深いなぁ、と思いました。




お客様にフラれる事を恐れずに頑張っていきましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。