jhgbksdfjbopgidajg

レッドオーシャン、ブルーオーシャンなんて無い!

この記事は1分で読めます

Sponsored Links

こんにちは



元販売員のどんちんです。




せどりを始めてしばらくするとレッドオーシャン、ブルーオーシャンという言葉を知りました。




たくさんの人が参入している状態(レッドオーシャン)




まだ参入が少なく、ライバルが少ない状態(ブルーオーシャン)




誰もが狙いたいのはブルーオーシャンだと思います。




ライバルがいなく、自分だけが占領している状態。




理想ですね…^ ^




僕のしている服の転売もレッドオーシャンだと思います。




数えれば、ブランディアやコメヒョウ、カインドなど大きな会社がたくさんいます。




ただ、狙っているのは自分の得意なブランドで大きな会社はあまり得意では無いみたいです。




Sponsored Links

大きな会社の売れ筋のブランドを扱っていたりもしますが、あっちに比べるとこっちは工夫がしやすいです。




個人ですので、写真を撮る時に着せ込みを綺麗にする事を心がけています。




あっちはスピード重視ですので着せ込みが汚い写真ばかりです。




汚い着せ込みの服が魅力的に見えますか?




見えないと思います。




レッドオーシャンの中でも更に深く掘っていけばそこがブルーオーシャンなんです。




ですので僕は扱うブランドは狭く深くと、ターゲットを絞っています。




せどりなんてほとんどがレッドオーシャンだと思います。




ポイントは、ちょっと他と違いを出す。




これだけで十分だと思います。




皆さんも自分だけのブルーオーシャンを見つけましょう!


Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

転売情報を発信していきます。

他にもオークションをしています

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/onrokoro

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。